講座の選び方

自分のために使いたい人へのお勧めプラン
STEP1のセルフマネジメント・トレーニング(SMT)からの受講をお勧めします。 なぜなら、自己基盤力(自分自身をうまく扱える力)と人間関係力(人と関わる力)が全ての基盤となるからです。 まずは、自分自身を知るところからスタートしてください。 人との関わりが随分と楽になり、ものごとがスムーズに進むようになります。 SMTで心の基盤を整えたら、次は、コーチング基礎の受講をお勧めします。 自分のために学ぶのだから、対人支援の技法である、コーチングは必要ない・・とお考えかもしれませんが、実は、コーチング基礎で「質問型コミュニケーション」と「目標達成を用意にする考え方のプロセス(コーチングサイクル)」を身につけると、自分への問いかけも変わってきて、行動が起こりやすくなるのです。 そして最後は、メンタルコーチング基礎を受講してエネルギーアップの具体的方法を学んでください。 メンタルコーチング基礎では、セルフマネジメント・トレーニングでは、軽くしか扱わなかった、外の顔・枠組み・心の地雷を丁寧に扱い、あなたが勝手に作り出しているストレスの素を明確にしていきます。
誰かのために使いたい人へ
できれば、認定プロコースを選択されて 全てのコースを、割安で受講されることをお勧めします。 なぜなら、誰かのために使うためには まずは、自分自身の基盤をしっかりと整えておく必要があるからです。 そして、あなたが使いたい相手が どんな状態の人であっても使えるように いろいろな関わり方を学んでください。 もし、どうしても時間がとれなくて全部を選択できないのであれば 集団指導(1対多の関わり)が必要ない人に限って Step2の学習型グループコーチングは、後回しにされても構わないです。 ただし、これまでの経験から言わせていただくと 学習型グループコーチングで、小集団の方々に、効果的に伝える訓練をされた方は それまで学んできた「コーチング」のスキルを完全にご自分のものにされるようです。 なぜなら、人に伝えることが習得の一番の早道だからです。 認定プロコースは、1年間で終了する必要はありません。 翌年にまたがっての受講も可能ですので、安心して、全コース受講をご検討ください。
プロコーチになりたい人へ
認定プロコーチ資格取得コースをお薦めします。 ヘルスコーチ・ジャパンのプログラムは、国際コーチ連盟(ICF:コーチの国際基準を作っている団体)のACSTHの認証を受けた、質の高いプログラムです。 認定プロコーチ資格取得コースを終了して一定の要件を満たすと、ICFが発行する国際コーチ資格を取得できます。 アメリカでは、PCC(ICFが発行するコーチ資格)以上を持っていることが、企業がコーチを雇う時の必須条件になっているそうです。この流れは、確実に日本にもやってきます。せっかくお金と時間を使って学ぶのであれば、ICFの資格が取れる、高水準のプログラムをお選びになることをお勧めします。 acsth_s
講座選びに迷った人へ
とりあえずStep1のどちらか一方を受講してください。 その時、アシスタントやメンバーがあなたの状況を詳しくお聞きして 最適のコースはどれなのかをお話します。 Step1の受講後3ヶ月以内であれば、お得な一括受講に変更が可能なので お試しのつもりで、まずはStep1のどちらかを受講なさってください。 できれば、セルフマネジメント・トレーニングから受講されることをお勧めします。 また、「講座受講に関するスカイプ・電話相談」を受け付けています。電話やスカイプで相談されたい方は、下記からお申し込みください。代表の最上輝未子がおひとりおひとり丁寧にご相談にのります。お気軽にお申し込みください 講座受講に関するZOOM・電話相談お申し込みフォーム