私の強みの活かし方ー松尾總子さんの場合

松尾總子

大好評シリーズ「私の強みの活かし方」6人目は、
長年教育研修の仕事をされてきた松尾總子さんです。

今は、独立され、接遇・マナー・新人教育など活動の幅を広げられています・

松尾總子さんのFacebookページ

松尾さんの5つの強みは下記です。
他の方とは、違う書き方で、書いてくださいました。
こういうところも、強みが出ているのかもしれませんね。
……………………………………
1,着想
2,最上志向
3,収集心
4,学習欲
5,達成欲
……………………………………

私の強みは「着想」「最上志向」「収集心」「学習欲」「達成欲」の順です。
この並びを見て瞬時に浮かんだこと・・・“シンドイなぁ~!”でした。

振り返ってみれば、思い当たる節が多々どころか多々・多々・多々と足音軽やかに(?)
蘇ってきます。

「達成欲」

の解説を読んで思い浮かんだこと、それはジグソーパズルでした。
パズルの絵柄を選び、はめ込んでいく過程は、時がたつのも忘れて夢中になるのですが、

最後のピースをはめ込み、ヤッター!と感じた途端に、それは過去になり、私の関心は次に飛んでいきます。

極端な言い方をすれば、完成したパズルをしみじみと眺めたりすること・・・は、ありませんでしたし、大切に額に入れて飾ってある方をみると、私って変なのかな・・・と思ったものでした。

着想

はいたる所で顔を出しているようです。「変わっているね」「面白いね」「よくそんな事を考えつくね」等の言葉をどれほど言われてきたか・・・。また、そう言われる事が心地よくもありました。

洋服にしても、リフォームに頻繁に出し、あちこち変えて、古い洋服も平気で着ています。流行よりも、自分が思いついた服の方が好き・・・かな?

関係あるのか否か、わかりませんが、小学校で初めて筆順を習った時、抵抗しました。
「何で、先に決めた人の通りにしなきゃいけないの? 出来上がった形さえ同じであればいいじゃない。もしかしたら、私の筆順の方がいいかもよ・・・」と、そう思った事を今でもハッキリ覚えています。しかし、習字が始まると、筆順が出鱈目だと上手く書けず、字を書くことが大の苦手になって、未だに苦労しています・・・。

「収集心」「学習欲」「最上志向」

の3点セットは、私を忙しくしている源かもしれません。例えば、

「どうせやるなら納得できるものを → 足りない所が目につき → 情報を集め → 学び → それでも尚、もっと他に・・・」の繰り返し

のような気がします。

それなのに、現実を振り返ってみますと、収穫に至らないことも多く、これはある意味、精神的に“土俵から降りてしまったり”“マッ・イイカ”が多い所為かもしれません。7個目か8個目に何が入っているのでしょうか・・・?

悲しみに繫がらないアクシデントが起こる事、結構好きです。

アクシデントを解決するプロセスに遣り甲斐を感じます。

今までの事象を振り返って、この5つの強みが絡み合って、色々な事が起こってきたのだと改めて感じています。

【関連記事】

強みを活かすー強みの調べ方
私の強みの活かし方ー石橋全さんの場合
私の強みの活かし方ー山本素子さんの場合
私の強みの活かし方ー吉田まりえさんの場合
私の強みの活かし方ー中原ひできさんの場合
私の強みの活かし方ー梶本由美さんの場合

「強み」については、セルフマネジメント・トレーニングで詳しく取り扱っています。