私の強みの活かし方ー吉田まりえさんの場合

吉田まりえ

大好評シリーズ「私の強みの活かし方」3人目は、本来お持ちの強みをご自分のお仕事に最大限に活かしていらっしゃる吉田まりえさんのご登場です。

吉田まりえさんのFacebookページ
吉田まりえさんのブログー九州の暮らし創造研究所

彼女の強みは

1,戦略性
2,アレンジ
3,原点思考
4,最上志向
5,未来志向

です。

町おこしのファシリテーターなど、たくさんの人たちを繋げたり、意見をとりまとめるためのファシリテートが本業の彼女の場合、5つの強みは、どう活かされているのでしょうか?

前置きも何も無く、いきなり強みの説明が始まるこの文体も、きっと強みの影響でしょう。
いろいろな意味でお楽しみください。

…………………………………………………………………………………
■戦略性
 ・やることは決まっているがやり方が決まっていない仕事、前例がない仕事、
  混乱する現場の対応等、先が見通せない状況が平気で、高い集中力を発揮して
  やり遂げることができる。
 ・全体像を把握することが大事。
 ・自分の体験、状況、物の見方等、経験知をわかりやすく説明できると人から言われる。
 
 (デメリット)
 ・やることが決まっているようなこと、ルーティンワークは苦手。

■アレンジ

 ・仕事がより効率的になるよう人の強みと仕事(種類、役割)の組み合わせ
  をいつも考えている。タイミングを図ってどんどん変更する。
 ・自分にとってベストの状態をイメージする時に、複数人の良いとこ取りを
  して1つのイメージをつくり出している。
 ・チームビルディング・役割分担が得意。
  例:イベントの実行委員会のような初対面の人の集まりでも、2回の会議と
    1回の飲み会で必要な体制を組み立て、人を組織化できる。
 ・物事を体系化すること、整理・整頓、経験を積みながら改善することが得意。
 
 (デメリット)
 ・自分に裁量がない環境にストレスを感じる。

■原点思考

 ・未来を見通すためには、過去を知る必要があると考えている。
 ・現状に何か問題を感じると過去を頻繁に振り返る。
 ・ビジョン等を提示されても経緯を知らないと理解又は納得できない。
 ・初めて何かに取り組む時は、必ず歴史を調べる。
 ・人と仲良くなるには、その人の経歴等を知ることが大事。
  (自分が安心する。仲良くなれたような気がするだけ?)
 ・何事もなぜそうなったかを自分なりに理解したい、人にも伝えたい。
 ・今あるのは過去に功績を作ってくれた人のおかげでなので人生の先輩には
  感謝することが大事だと考えている。
 
 (デメリット)
 ・過去や経緯がそんなに重要でない時にも知りたがる、説明したがる。(時に時間の無駄)

 (その他)
 ・自分が関心・関係のある人、出来事に関してのみ原点思考は発揮される。
  日本史や世界史のような一般的な歴史には特に強い関心はない。

■最上志向

 ・自分の真価・本領が発揮されることだけをやりたい。
 ・自分ができないこと、苦手なことは全くやる気が起きない。
  自分を補完してくれる人と組むことが大好き。
  自分に合わない仕事の時は、無能。(それが気にならない)
 ・人の強みを発掘することが大好き。
 ・人が強みを生かしている時に放つその人の輝きに何よりも魅かれる。
 ・もっとこうしたら良いと思ったら行動せずにいられない。

 (デメリット)
 ・仕事の選り好みをする。できる、できないの差が激しい。
 ・相手の状況等に配慮しないと、仕事を多めにすると思われ人に疎んじがられる。

■未来志向

 ・曖昧だが未来についてのイメージを考えていること?(実は、あまり自覚がない)

 (その他)
 ・ただし、無から有を自分でをつくり出すことはできない。
  ビジョンを描ける人の絵を通じて、自分なりにビジョンや目標に落とし込む必要がある。

戦略性×未来志向

 ・構想や計画を考える時にほぼ同時に発揮さていると思う。
 ・目標を示されると、いくつかのステップに分けてどうずれば目標達成できるか
  考えることが好き。(仕事をする時に役立つ)
 ・現状を把握する範囲で、問題点を把握したり、自分なりのおよその将来シナリオを描き、
  人に説明することができる。(人から相談を受ける時に役立つ)
 ・リスクマネジメントに向いている。

戦略性×アレンジ

 ・仕事をする時、イベント等の現場でほぼ同時に発揮さていると思う。
 ・実際にやってみてわかったことをその場で反映してやり方を変えたり、
  ルールを作ったりして秩序をつくり出すことができる。
 ・クレーム対応の時に役立つ。

原点思考×未来志向

・過去の経緯を振り返り、それを踏まえて未来を描こうとする。

未来志向×戦略性×アレンジ

・プロジェクトマネージャーに向いている。
 (ただし、私の場合はビジョンを描けるリーダーが必要。料理する素材、コンテンツが必要。)
・自分がミッション、ビジョン、事業計画を説明し、チームの役割分担を決めて
 皆で一丸となり、新しいことに挑戦するような仕事に最もやりがいを感じる。
・旅行の計画はいつも自分で立てる。事前情報収集をしてプランをつくり、
 現地でさらに情報収集してプランをどんどん調整しながら行動する。
 往復の航空チケットと1泊目の宿以外は予約なしの1人海外旅行が好き。

【関連記事】

強みを活かすー強みの調べ方
私の強みの活かし方ー石橋全さんの場合
私の強みの活かし方ー山本素子さんの場合

「強み」については、セルフマネジメント・トレーニングで詳しく取り扱っています。