セルフマネジメント・トレーニング福岡講座2/5(2日目)

セルフマネージメント・トレーニング 福岡講座 2/5(2日目)
セルフマネージメント・トレーニング 福岡講座 2/4(1日目)の続き

2日目は、個人個人の前日の「振り返り」から始まり、その内容も含めて
講師から質疑応答の時間が設けられました。
セルフマネジメント・トレーニング福岡講座2/5(2日目)前日の「振り返り」質疑応答

『一人の質問はみんなの質問かもしれない!?』

講師の、この言葉に刺激されるように、受講生から様々な質問が挙がり
その質問に対してアシスタント(各講座をサポートするHCJメンバー)の
一人ひとりが答えてくれました。

内容は、前日の「コミュニケーションスタイル」に関することだったり
「セルフマネジメント力」に対する具体的な内容だったりと
多岐にわたる質問でしたが、一つひとつ丁寧に答えるアシスタント
受講生の理解を重視する進行の講師、思ったことを率直に質問する受講生
と、たくさんの意見が飛び交い白熱した時間となりました。

午後の「枠組み」・「セルフイメージと心の地雷」の実習ワークは印象深いワークでした。
セルフマネジメント・トレーニング福岡講座2/5(2日目)「枠組み」の実習ワーク
2日目ということで受講生の緊張も解けたのでしょうか。
「枠組み」の実習ワークでは、次から次へと意見が出ていました。

今回は、性別・業種別といったグループに分けて実習ワークを
行ったことが、功を奏したのかもしれません。
受講生として参加している私も、男性グループの中で一帯感を感じながら
実習ワークを楽しんでいました。

当講座のメインイベントとも言える「セルフイメージと心の地雷」では
始めに、アシスタントの一人ひとりが「セルフマネジメント力」に
関する自身の体験を話してくれました。

このアシスタント陣の体験談が、誘い水になるかのように実習ワークでは
私も、他の受講生も自分の「心の地雷」と向き合っていました。セルフマネジメント・トレーニング福岡講座2/5(2日目)「枠組み」の実習ワーク

「心の地雷」ってこういうこと?!

もしかしたら、その場で一番影響を受けたのは私かもしれません。

アシスタント陣の体験談を聴いているうちに、自分の境遇に重なる内容を聴いたのです。
その為か実習ワークでは、自然と「心の地雷」と向き合っている自分がいました。

実習ワークでは、なりふり構わず「心の地雷」について話していました。
実習ワークの相手が講師の石橋全コーチだったので、そのことが幸いしたのかもしれません。

こんなことを書くと講師陣から怒られるかもしれませんが、実習ワーク後は
講師が何を話していたのか、覚えていません。

実はその間、ずーっと涙をこらえていたからです。
まったく予想せず状態に、Bagに入ったままのハンカチは使えず、
抑えきれない感情と、溢れだしそうな涙を、会場の皆に見られないように、
と必死に抑えようとしていました。
(代表理事の最上コーチからは『泣いて良かったのに。』と言われましたが・・・)

読んでくれている皆さんの中で、「どうして涙を流したり、感情が抑えきれなかったの?」と
疑問に思われる方もいるかもしれません。

そう思った方は、ぜひ一度「セルフマネジメント・トレーニング」を受けてみてください。
その答えが解るかもしれません。

その答えが解かったときは、きっと笑顔になっているはずですから。

次回「セルフマネジメント・トレーニング」を受講する方には、ハンカチのご用意をお勧めします。