セルフマネジメントト・レーニング 福岡講座 2/4(1日目)

セルフマネジメント・トレーニング 福岡講座 2/4(1日目)

受講生として参加した私(中原)が2月4日(土)・5(日)の両日で行われた
セルフマネジメント・トレーニング福岡講座の様子をお届けします。

この日も先日の「コーチング基礎」と同様に石橋全コーチ・待鳥良邦コーチのWファシリでの進行。
それぞれ全く異なるタイプのファシリテーションが印象的でした。

自身の体験を元に解りやすい説明の「石橋全コーチ」
ご自身の体験を元に実例で解りやすく説明する「石橋コーチ」

茶目っ気のある笑顔に伸びのある低声ボイスの「待鳥良邦コーチ」
待鳥コーチ

初日は、「コミュニケーションの基本原理」、「コミュニケーションスタイル」などを
実習ワークを通して体験したのですが、自分と他人の違いを知ることは驚きの連続です。
「コミュニケーションの基本原理」の実習ワークでも、受講生から多種多様な意見が飛び出して
コミュニケーションの奥深さ、難しさを、それぞれに感じているようでした。

「コミュニケーションスタイル」の実習ワークでは、それは顕著に現れました。
各タイプごとのチーム発表に対し、他のグループからは

『考えられん』・『思いつかない』

などの驚きや感嘆の声が挙がっていました。

グループを分けるときにも、前回(昨年)と今回で違うグループになった再受講生が居たり
全てのタイプも回った結果、『やっぱりココが落ち着く』と言って最初のグループに
戻った受講生も居て、それぞれのタイプの特徴が出ていました。コミュニケーションスタイル実習ワーク

今回、私が最も印象に残ったのは、グループ分けの実習ワークです。

(ワーク前は思いもよらなかったのに・・・)

何故かというと前述の「前回と今回でグループが違う再受講生」の1人に私も入っていたからです。
移った先のグループは4タイプの中でも、「絶対このタイプだったら嫌だな」と
コーチングのタイプ分けを初めて知ったとき(8年前)に、思ったタイプでした。

それが、新しいグループでの実習ワークは、「居心地いいな」と思いながら、楽しんでいました。
いま私が感じていることは「何年も何年も拒んでいたことに対して、素直になれたのかな」
という気持ちです。

そう思えるようになったのは、当講座を受け続けてセルフマネジメント力が向上したから?
自分が成長したから?その両方かもしれませんが、1年前では考えられませんでした。
努力といえるキツいことは特になく、難しい本を読んだわけでもありませんので
自分でも不思議でした。

もしかしたら、『自分を知る、自分を受け入れる。ということが出来たのかも』と思えた瞬間でした。

セルフマネージメント・トレーニング 福岡講座 2/5(2日目)へ続く