セルフイメージが邪魔をする

枠組み

自分が自分につけている枠組み「セルフイメージ」は、あなたの成長に役立つこともあれば、あなたの行動を止めて、成長の邪魔をすることもあります。

たとえば、こんなことはありませんか?

コーチングって、おもしろそう、勉強に行きたい。
でも、どうやら、座学ではなく、体験型の研修らしい・・・

えっ、それって、怖い・・・不安・・・嫌だ・・・・
行きたいけど、やっぱりやめとこう・・・・・・
でもぉ〜〜〜〜〜

このような迷いの原因となっているのものは、あなたが無意識に持っているセルフイメージです。

セルフイメージは、自分が自分につけている枠組みのことで、人から思われたい姿、人から思われたくない姿として現れます

それは、ひとりひとり違います。

実は、このお話、ある方が実際におっしゃっていたことです。彼女は、人の話を聴くことが仕事の人でした。しかもその職種では、大ベテラン。いわゆる、その道のプロです。

体験型研修

その人は、コーチングに興味を持っていました。行きたい、でもいけない・・・・そこに働いていた、内側のコミュニケーション、それが、彼女が自分に持っていた、セルフイメージです。

彼女のセルフイメージは・・・・・

傾聴のプロである自分が、みっともないことできない→うまくやれる自分でいたい、傾聴のプロだと思われたい

傾聴について、人からフィードバック受けるのが怖い→傾聴のプロとして、人から認められたい、傾聴のプロでありたい

こんな年齢で、いまさら始めるのは、無理なんじゃないのか・・・→年齢がいったベテランだから、うまくやれる自分でなければならない。

こういうセルフイメージを持った彼女にしてみれば、

セルフイメージを壊されるのではないかという不安がある場所には、行けない

わけです。

セルフイメージが、行動を止めることがある、、、というのは、このような内側のコミュニケーションによって起こるのです。

関連記事】

人から見られたい姿ーセルフイメージ