ヘルスコーチング認定資格試験の様子

ヘルスコーチング・メンタルコーチング認定資格試験

ヘルスコーチ・ジャパンでは、毎年11月に、認定資格試験を実施します。東京と福岡の会場で行うので、受験生は、どちらか都合の良い会場を選ぶことができます。

写真は、11月12〜13日に行った、福岡会場での試験の様子です。ヘルスコーチングのグループファシリテーションをしているところです。

ヘルスコーチングは、1対1の対面コーチングの試験(10分間)と、写真のような、小グループを相手にした、15分間のファシリテーションの試験をします。

試験の評価票は、事前に受講生全員に公開され
その評価票に基づいて、フィードバックがその場で行われます。

手前に座っている人たちは、他の受講生です。
グループファシリテーションの場合、他の受講生が、講座受講生の役をします。

ファシリテーションのテーマは、自分が好きに決められます。
受験生が、実際にする予定のものだったり、これからやりたい講座の模擬だったりします。

写真は、海洋少年団の指導者を対象とした「承認」のトレーニングをする、、、という設定で行ったあと、試験官からフィードバックを貰っている様子です。

これまでいろんなテーマがありました。
・社内で行うコーチングセミナー
・売上アップのためのインタビューセミナー
・健康教室
・アロマセミナー
・運動指導
・初めて出産するご夫婦を対象とした沐浴教室
・幼稚園での性教育
・介護教室

どれも興味深い内容ばかりで、試験管をしながら、思わず内容に引き込まれてしまったりします。

人の試験を見るのは、最高の勉強になるので、多数の受験生が聴講に来ます。
互いに、スカイプや自主勉強会を開催して、切磋琢磨してきた仲間同士。
互いに励まし合い、フィードバックし合い、それが、コーチングスキルの上達に結びついているのではないかと感じています。