アシスタントも講座の魅力~大阪コーチング基礎(1)

三重のHCJメンバー、葛巻直樹さんの報告をもとに、
高橋が投稿しています。

 

大阪講座、ついに開催!

10月8日(土)と9日(日)大阪で
Step1講座のひとつ、
「コーチング基礎」講座が開催されました。

 

これまでは福岡と東京が講座の中心でした。
しかし、地方でも開催希望の声が高く、
今年は、宮崎、広島、高知・・・とStep1講座を開催。
そして、一年半ぶりに、大阪での開催となりました。

 

今回は福岡から最上輝未子コーチと
近中四(近畿・中国・四国)リーダー、高橋美佐コーチのダブルファシリテーション、
二日目にはヘルスコーチジャパン東京の講師、
藤崎雄三コーチも加わり、とてもリッチで豪華な講座でした。

 

学びの質をあげるための工夫~アシスタントの役割

 

ヘルスコーチ・ジャパンが大切にしているのは
参加者がお互いから学び合うこと、
また、多様な考え方があることを認めつつ
「自分はOKなんだ」と
安心して講座に参加していただくことです。

 

それを、可能にしているのがアシスタントの存在です。

 

アシスタントは
各地で活動をしているプロコーチや
すでにコーチングを活用しているメンバーで
今回、参加者2名対し1名が付きました。

 

ヘルスコーチ・ジャパンの2日間のプログラムはとても盛りだくさんです。
これを無理なく身に付くようきめ細かくサポートするのも
アシスタントの役割です。

 

アシスタントが積極的に講座に関わることで
受講生の学びと思考に、広がりと深みが出るよう工夫しているのです。

 

学んで、語り合って・・・

 

一日目は、
コーチングとは「相手の潜在意識に働きかけ行動を生む関わりである」、
「コミュニケーションのレパートリーを増やす事」という考え方、
さらに、ワークを通じてどのように関われば信頼関係を作る事ができるのか、
そしてコーチにとって重要な「フィードバック」を学びました。

 

講座修了後は時間の許す方が集まって懇親会。
その土地の美味いものを食べながら飲み、多いに語り合う。
そして講座に参加している仲間とのコミュニケーションだからこその
充実感をたっぷりと味わうことができました。