ダブル・ファシリ奮戦記2~「フィードバック」は贈り物

SMT高知講座で、
サブ・ファシリを担当させていただいた、高橋美佐です。
前回の記事の続きです。

 

「フィードバック」こそが本当にうまくなる鍵

本当に「うまい講師」になるために役立つのは
講座後のフィードバックです。

 

「フィードバック」・・・外界に向けて伝えていることを 
            鏡のようにそのまま伝え返すこと

 

ここでは、
受講生の皆さんに向けて、実際何を伝えていたのか 
鏡のようにそのまま伝え返してもらう、という意味になります。

 

自分のことは自分ではなかなかわかりません。

 

だから、メイン・ファシリの最上さんはもちろんのこと
アシスタントのメンバーからの
さまざまな視点からのフィードバックが
とても役に立つのです。

 

フィードバックには信頼関係が必要

役に立つとはいえ、厳しいものもあるので、
フィードバックを受け取るには
腹に力を入れることもあります・・・

 

ですから、フィードバックをする人と、される人との間には
強い信頼関係が必要です。

 

野球に例えると
ピッチャーの球を受けるとき、キャッチャーがしっかりミットを構える、
というのと似ています。

 

ピッチャーとキャッチャーの間に信頼が必要なところも
よく似ていますね。

 

講座後にいただくフィードバックは
本当に私の宝物です。

 

ヘルスコーチ・ジャパンSMT高知講座

笑顔の受講生さんと、信頼できるフィードバッカーと一緒に