メンタルコーチング応用福岡 二日目

メンタルコーチング応用 福岡 二日目

二日目は平田奈美コーチ最上輝未子コーチによるダブルファシリで幕を開けました。

平田コーチはとっても頼りになるお姉さまで、
ピアノの先生として、またピアノの先生の先生としてもご活躍なんです。

まず恒例の、前日の振り返り&質問を考えるワークとそれをみんなでシェアする時間。
※シェアとは、一人の方が何か発言をし、それに対して参加者全員で考えていくことです。

この時間をとることで、前日までの学びが定着しやすくなり
二日目の講座への参加意欲があがる、というメリットがでてきます。

ヘルスコーチ・ジャパンでは、「知っている」ことを
「やれる、できる」に変えていくことが大切だと考えています。
そのための工夫のひとつなんですね。

皆さんからでた、いろんな疑問点や考えに対し、
最上コーチや平田コーチをはじめ、
受講生の皆さんからもたくさんのアドバイスや事例がでる、
とても充実した時間になりました。

その後は、とにかく実践、実践でいろんなワークを進めていきます。

ステップ1のコーチング基礎のときにくらべ、皆さんの進歩はすごい!
ご自分で改善点を見つけることが出来るし
他の方のコーチングセッションのワークを見て自分に置き換えて、
「承認って大切ですね」とか
「今回はこういう方への承認たっだけれど、こういう方にはどうしたらよいでしょう?」など
より具体的な話をされるんですもの。

それだけいろんなものが見えている、ということですよね。

アシスタントとして参加しながら私自身も刺激をうけ、
「もっともっと勉強しよう、学ぼう」と元気をもらえる時間でもあるのです。

講座の一番最後、全員での感想をシェアする時間では
「私の働いているところで、ぜひ導入します!」とか
「みんなにひろめます!」といった発言有、
涙を流してご自分の思いを語ってくださった方有で、
私も思わず涙ぐんでしまいました。
(私以外にもらい泣きした方もきっとおおぜいいたはず?です)

 

最後の集合写真、皆さんがすっきりした顔をされていらっしゃると思うのは
私の気のせいでしょうか?
きっとこれをご覧になっておられる方も
同じように感じられるのではないでしょうか?

ヘルスコーチ・ジャパン公開講座 メンタル応用福岡

 

9月24~25日は、本当にホントに最後の、今年最後の講座、
ヘルスコーチング応用福岡が、ももちパレスで行われます。

そして10月9日、10月23日には、自主勉強会も開催予定です。
(福岡では「福岡実践道場」と呼んでいます)
皆さんの「もっとコーチングを勉強したい!」というお声にお応えすべく
福岡メンバーも張り切っています!