心が苦しくなったら読むフォトエッセイ集

北村絢子先生のフォトエッセイ

ヘルスコーチ・ジャパンは、臨床的背景をしっかりと持っておくために、数名のお医者様にアドバイザーとして参加していただいています。

その中のひとり、
長野県にお住まいの北村絢子先生は、精神科医です。

北村絢子先生の
フェイスブックページはこちら

常々、写真を趣味とされていて
それは綺麗な写真をシェアしてくださっているのですが、
その写真が、先生の、ポエムと一緒に
フォトエッセイ集として発売されることになりました。

下記は、先生の患者さんが作ってくださったという
プロモーション動画です。

心温まる動画です。

綾子先生からのメッセージ

(フェイスブックのウォールより抜粋)

たくさんの患者さんや友人たちの力を借りて)作っていた
フォトエッセイ集が、来月とうとう出版の運びとなりました。

私は写真好きの平凡な現場の精神科医です。

写真を撮ってブログに載せていたらそのグログと写真で
ちいさな本を作ってくれた患者さんがおられて、
それが始まりでした。待合室に置いたら評判になりました。

2年前のことです。それからが長い道のりでしたよ。

言葉は私が診療中に話していることばかりです。

本が出たら、いずれきちんとした形でお知らせを行いますが。

患者さんの息子さんが作ってくださった紹介ビデオをぜひご覧ください。

お仲間の方が「本よりビデオのほうが素晴らしいくらい」
というのですが、本のほうがずっとずっといいんですよ、ホントですよ(笑)

たくさんの方に見ていただきたいので、お心が動きましたらシェアを
お願いいたします。

心が弱っている多くの方にそっと寄り添えるような本であることを祈って。