ガン患者とのコミュニケーション

医療現場で必要なコミュニケーションとコーチングスキル
心が体に与える影響、そして、体が心に与える影響とは?

ガン患者とのコミュニケーション

人が2人以上集まればコミュニケーションが発生します。

特に、医療の現場でのコミュニケーションは
ますますその重要性を増しているのではないでしょうか?

言った、言わないのそもそもの原因は
コミュニケーションのズレです。

サイコオンコロジーという手法をご存知ですか?
「がんが心に与える影響」と「心や行動ががんに与える影響」について研究する学問のようです。

特に、医療従事者と患者との間のコミュニケーションは
患者の精神状態、ひいては、体の状態に大きく影響を与えます。

ヘルスコーチ・ジャパンでは、この点に着目し、
医療現場のみならず、

ビジネスの現場でも
心(メンタル面)が体や行動、ビジネスの成果に影響があると捉え

より成果があがるコーチングスキルとして
メンタルコーチング・ヘルスコーチングのプログラムを提供しています。

メンタルコーチング講座

ストレスに強い社員を育て、メンタル不調者を出さない関わり方を学ぶ講座です。

メンタルバランス保つための基礎知識、ストレスを減らす方法、部下のレベルに合わせたマネジメント法、燃えつきの理解と防止、メンタルコーチング独特のスキルトレーニングをします。

カウンセリングとは違った力強いサポート力を身につけつつ、自分自身のストレスマネジメント力も高めることができます。

ヘルスコーチング講座

必要性は感じているが行動が起きていない人、もしくは、必要であるにも関わらず自覚が無い人たちのやる気を引き出し、行動が定着するまでをサポートするコーチングを学びます。

ヘルス基礎は、1対1のコーチング、ヘルス応用では、大人相手の効果的なグループ学習手法(小グループファシリテーション)を学びます。

ヘルスコーチング・メンタルコーチングともに
ビジネスコーチングの領域では、アンコーチャブルと言われている人たち、不向きと言われているテーマにも対応することができます。