安心安全な環境が学びを育む

林忠之さん

みなさんは、セミナーや研修というと
どんなイメージをお持ちでしょうか?

経験がない初めての方にとって、
どんな人が来るのか、
どんなことをするのか

心配だったり、
不安だったり

それでいて、

新しい方々と会える
楽しさやわくわくもあって、、、、

複雑なお気持ちではないかと思います。

コンサルタントや、セミナー講師
学校の先生、塾の教師、ピアノの先生など
何かを、「教える・伝える」お仕事の方

そして、

職場での教育担当者や管理職など
「教える・伝える」に加えて「育てる」お仕事をなさっている方

にとって

相手の学びを加速させ、
成長を促すために
最も重要なことがあります。

それは、

「安心安全な環境を作る」

ということです。

ヘルスコーチ・ジャパンの公開講座は
いずれも、座学ではなく
コーチングを使った
双方向の体験型ワークです。

経験したことの無い人には、
不安かもしれません。

でもご安心ください。

わたしたちは、コーチングのプロです。

優れたコーチは、
コーチングのスキルを振り回す前に

まずは、相手との関係作りを大事にします。

それを、講座の中で
あなたに体感していただきます。

実際に、

どんな人が来ているのか、不安と楽しみと半分半分で参加された
林忠之さんは、

「ひとりひとりに気を配りながら
皆がとけこめる環境づくりをしていたので、
緊張したのは、ほんの一瞬だけで、
楽しみながら学ぶことができた」

「リラックスしていないと、感じられることも感じにくいと思います。」
「こういう安心した場で学べるのは、非常に重要だなと思っています」

と仰っています。

「伝える・教える・育てる」お仕事の方々
まずは、「安心安全な環境作り」から始めてみてください