対人支援の基本を学ぶ〜ベイシックコーチング in 大阪講座レポート

ヘルスコーチジャパンベーシックコーチング講座@大阪講座レポート

極寒を警戒していた割に、風もなく穏やかな寒さの中、

今年最初の講座は、大阪国際会議場で開催されました。

 

色んな悩みや解決したい課題を抱えて
緊張しておられる初受講の方も、再受講の方も、

「コミュニケーションには希望がある」

と思うからこそ 参加されていると思います。

 

そんな みなさんの学びをお手伝いできる喜びを胸に スタッフ一同サポートさせていただきました。

今回のファシリテーターはこの3人です

 

アシスタントはこの4人

 

アウトプット型振り返りでスタート

午前中、アウトプット型の事前学習振り返りをしました。

初受講グループの発表もとてもわかりやすく、
初心者なのにすごいなぁ・・・
と思ってある方の手元を見ると、

しっかり事前学習をまとめたノートが・・・・・

さすがです!

事前学習をしてこれなかった方も、してきた方ならではの、疑問や、あやふやな部分の確認を聞く事で、準備することができたと思います。

ノンバーバルでやれることいっぱいあるんや!

その中で、今回印象に残ったのは、コンサルティングとコーチングの違いの話。

コーチが、クライアントの話されるテーマについて、
専門的な事を全く知らなくても
コーチングが機能する理由のひとつは、

「クライアントの
ノンバーバル(非言語)コミュニケーションの部分を
フィードバックするからだ」

という話がでました。

まさに、今年の大阪ベイシックコーチング講座の目標である

「ノンバーバルでできることがいっぱいあるんや!」ですね。

これを合言葉に講座は進んでいきます。

1日目お昼に撮影した集合写真。みなさんリラックスしてますね。

相手の成長を願うフィードバックが学びを深める

[レクチャー → 実践ワーク 振り返り]

一つ一つのスキルが、それぞれの理由で大切だという事を体感する その繰り返しです。

本を読んで、講演を聴いて、頭で大事なんだなと思っても、

体と心で感じて腑に落とさないことには、

人は実際に行動を変えるのは難しいのです。

 

ワークがあるからコミュニケーションの講座に行くのを尻込みしてしまうという方は、結構おられるのではないかと思います。

安心してください、無理強いはしません。

でもこの講座のワークには、正解とか、失敗はありません。

あるのは、一緒に学ぼうという温かい雰囲気と、
お互いの成長を願って贈りあうフィードバックなのです。

 

1日目の終わりには振り返り、感じた事を言語化します。

新たな気づきが起きます。

 

夜は、鶏肉専門店で懇親会でした。

 

上の写真、何の話題だったか忘れましたが、笑いが起きていますね。

ゆっくり考えるタイプの方のために、2日目の朝も質問コーナーが作ってあります。

一晩熟成した疑問や気づき、どんなに小さくてもそのままにしないで、確認していく事を大事にしています。

2日目はコーチングサイクルを学びました

2日目は、コーチングサイクルを中心に学びました。

部分部分はなんとかできても、
総合練習になるとついつい全部上手くやろうと力みがちでした。

どうしてそうなるのかは、
次回3月のセルフマネジメント・トレーニングに譲るとして、

練習ポイントを絞ってやってみる、その点についてフィードバックをもらうことを繰り返しました。

 

1日だけの参加者も居られるため、2日目も記念撮影をしました。

「明日から、〇〇をやってみる。」

スモールステップも明言化して、笑顔で帰路につく参加者の皆さん。

私たちスタッフも幸せでした。どうもありがとうございました。

文責:大阪メンバー 河野美保

像をクリックすると、河野さんのFacebookページに飛びます

ヘルスコーチ・ジャパン講座のご案内

ベイシックコーチング講座は、東京・大阪・福岡で開催しています。

このブログをご覧になっているあなたには、50%オフ招待URLをお知らせします。

下記をクリックして、招待券を受け取ってくださいね。

対人支援の基本を学ぶベイシックコーチング講座-東京・大阪・福岡