【コーチングスキル】チャンクダウン-話しのかたまり(チャンク)を小さくする

 

人は何かについて語る時、ばくぜんとした言葉を使うことがあります。

普通の会話では、そのままにしますが、

コーチングでは、チャンクダウンというスキルを使って、明確にしていきます。

チャンクダウン

チャンクダウンとチャンクアップ

チャンクというのは、かたまりのことです。

チャンクダウンは、かたまりを小さくすることを意味し

チャンクアップは、かたまりを大きくすることを言います。

 

チャンクダウンの具体例

チャンクダウンは、どんな場面でどういうふうに使うのか、具体例を見ていきましょう

 

あいまいなまま終わっている普通の会話

 

上司;あの案件どうなってる?

部下;ちょっとうまくいっていないです

上司;ちゃんとやってくれなきゃ困るよ。頑張ってくれよ!

部下;はい、頑張ります。

 

この会話は、あいまいな表現ばかりの会話です。

 

どんなふうにうまくいっていなくて

何をどうすれば、「ちゃんとやった」と言えて

どんなふうに頑張れば、上司は納得するのか

部下は、どう頑張るつもりなのか

 

ふたりの間で、同じ絵が見れていません。

このままだと、ふたりの間にズレが生じ、

部下はせっかく時間をかけて行動しても、上司のイメージとは違う仕上がりになり、

手直しということになるでしょう

 

こんなときに活躍するのが【チャンクダウン】です。

チャンクダウンは、会話を交わしているふたりが、同じ絵を見るために必要なスキルです。

 

チャンクダウンを使った会話事例

 

上司;あの案件どうなってる?

部下;ちょっとうまくいっていないんです

上司;そうか、うまくいっていないのか

どんなところがうまくいっていないのか、もう少し詳しく話してくれないか?

 

チャンクダウンでコーチングチャンスをつかむ

コーチングセッションの中でも、クライアントは、しょっちゅうあいまいな表現を使います。

あいまい表現が出てきたら、コーチングチャンス!

クライアントがどんなイメージを描いているのか、チャンクダウンの質問を使って、明確にしましょう。

 

<チャンクダウンの質問例>

 

○○について、もう少し詳しく話していただけませんか?

○○になる、というのは、具体的にどうなることですか?

 

まとめ

チャンクとはかたまりのことを意味する

コーチは、クライアントの話のかたまりを、

大きくしたり小さくしたり、状況に合わせて、フレキシブルに変えることで、

クライアントが描いているイメージを共有し

行動につなげていく

 

チャンクダウンを学ぶ講座

対人支援の基本を学ぶベイシックコーチング

ベイシックコーチング

ベイシックコーチング講座では、基本的なコーチングスキルを学びます。

特に、この講座では、同じ絵を見る練習をします。そのときに、チャンクダウン・チャンクアップの質問を使います。

 

7/1−2の東京会場が、今季最後のベイシックコーチング講座です。

ここを逃すと、実際の現場で使うためのコーチングである、Step2に行けないので、今年中に部下のやる気を引き出す方法を身につけたい人は、是非いらしてください!

7/1(土)2(日)東京会場

このブログを見てくれているあなたに
30%オフリンクをプレゼントします!

是非この機会をご利用ください

ベイシックコーチング30%オフ申込リンク

セルフマネジメント・トレーニング

セルフマネジメント・トレーニング

ひと目が気になり、いざというときに実力が発揮できないのは、あなたが無意識に持っている「枠組み」「外の顔」「心の地雷」が反応を起こしているから・・・

これがわかると、感情コントロールのコツがわかり、ストレスが激減、目標達成が容易になります。

ヘルスコーチ・ジャパン一番の人気講座です。

6/10-11 大阪会場

6/17-18 東京会場

7/22-23 東京会場

セルフマネジメント・トレーニングについての詳しい解説

セルフマネジメント30%オフ申込リンク

コーチングの基本をセットで学ぶコーチング基礎コース

コーチング基礎講座

ベイシックコーチングと、セルフマネジメント・トレーニングをセットでお得に学べるコースです。

コーチング基礎コース