【リフレーミング】一瞬で見え方・捉え方を変える魔法のスキル

 

リフレーミングという手法をご存じでしょうか?

相手のやる気と行動を引き出す「コーチング」

天才セラピスト達が使っている手法を、誰もが使えるように体系化した「NLP」(神経言語プログラミング)

で頻繁に使う定番スキルであり、

マーケティング、CM、キャッチコピーでもよく使われている手法です。

実際どういうものなのか、わかりやすく解説してみました。

リフレーミング

リフレーミング

視点を変えること、相手が捉えているフレームを、違うフレームに替えることを【リフレーミング】と言います。

 

リフレーミングのTVCM事例(商用利用例)

まずい、もう一杯

img_0

まずい、もう一杯

というTVCMを覚えていらっしゃいますか?

「苦くておいしくない」

というネガティブ要因を短いフレーズで

「良薬口に苦し」

にみごとに【リフレーム】した事例です。

コーヒーたった一杯分で・・・

コーヒー

1日たったコーヒー一杯分で・・・

という表現も

総額を見ると、高く感じていたのを、

1日の金額

しかも、コーヒー一杯分をイメージさせることで

金額に対する捉え方のフレームを変えた

リフレーミングの事例です。

 

リフレーミングを使ったコーチング事例

コーチングでは、質問を使ってリフレーミングする場合と、フィードバックを使ってリフレーミングする場合があります。

リフレーミングすることで、ものごとの見え方・捉え方を変え、クライアントに気づきを起こします。

 

”被害者意識”を”当事者意識”に変える

被害者意識

クライアントが、

上司が悪い・会社が悪いなど、相手や廻りを責めて「被害者」になっているとき、

質問の「主語」を変えることで、「当事者」の視点に【リフレーミング】することができます

この状況の中で、○○さんにできることは何ですか?

 

ポジティブ変換

元気

クライアントが、否定的な言葉を連発している時に効果的な【リフレーミング】です。

クライアントの自己肯定感が落ちていて、承認すら受けとれない状態の時に使います。

主に、フィードバックの形でメッセージとして伝えます。

私は逃げたんです→立て直すためのお休みをされたんですね。

  • ポジティブ変換は、ヘルスコーチ・ジャパンオリジナルのスキルです。Step2のメンタルコーチングで扱います

 

時間軸をリフレームする

時計

質問で、相手が捉えている時間軸「今ここ」「未来」「過去」と移動させることで、見え方・捉え方をリフレーミングします。

 

大きさを変えてリフレームする

氷

質問を使って、大きさ(チャンク;塊のこと)を大きくしたり、小さくしたりして、見え方・捉え方をリフレームします

チャンクダウン→小さくする、詳細にする

チャンクアップ
→大きくする、概念化する、抽象化する
→そもそもの目的に立ち返るなど

 

立ち位置を変えてリフレームする

質問を使って、クライアントの立ち位置をさまざまな位置に変えます。

相手の立場、オブザーバーの立場、自分の立場など

時には、高さを変えて、上から俯瞰的(ふかんてき)に見るようにすることもあります。

上から俯瞰的に見るように促すことを、メタコミュニケーションと言います。

 

焦点を当てる方向を変えてリフレームする

コーチングでは、解決志向アプローチという方法を使うのですが、

問題ではなく、解決(ソリューション)に焦点を当てることで意識が向く先を変えて、リフレーミングします。

ソリューションフォーカストアプローチとも言い、コーチングでは、このアプローチを多用します。

問題や原因に焦点を当てると、

クライアントの意識が、過去とできなかった事柄に向いて、モチベーションが落ちたり、言い訳をしたくなったりするので、

「どうなりたいか?」

「何が必要か?手に入れたいか?」

という未来の方向、

今から未来に向かってできること

に意識を向けるアプローチです。

 

ものごとの捉え方・見え方が変わり、暗く重いイメージが、明るく乗り越えられるイメージに変わるので、

クライアントのやる気と行動をパワフルに引き出します。

 

まとめ

リフレーミングは、ものごとを見ているフレームを替えることで、見え方・捉え方を変え、気づきを起こし、意識に変化を起こす手法です。

コーチングやNLPなどの対人支援技法、マーケティングやTVCMなど、さまざまな場面で活用されています。

 

リフレーミングを学ぶ講座

リフレーミングについては、Step2のメンタルコーチング講座・メンタルコーチング実践講座で、詳しく学びます。

 

リフレーミングを徹底的に学ぶメンタルコーチング講座

メンタルコーチング講座は、

「心の基盤・関係性の基盤」がぐらついていることが原因で、

  • 行動が起こりにくくなている人
  • ストレスを感じやすくなっている人

へのコーチングの方法を学ぶ講座です。

対象者の「心と関係性の基盤」を整え、パワーアップするコーチングです。

相手の気持ちを一瞬でパワーアップするには、リフレーミングが一番効果的!

ここで紹介したリフレーミングの技法を、集合クラスで学び、その後、実践クラス(集合クラスと電話クラス有り)で、繰り返し練習します

 

心の基盤・関係性の基盤がぐらついた状態とは

心の基盤・関係性の基盤がぐらついた状態とは・・・

  • 誰かの何気ないひと言や何気ない出来事で気持ちがざわつき、感情的になりやすい状態
  • ひと目が気になって、目の前の事に集中できない状態
  • 人との境界があいまいで、ストレスを感じやすくなっている状態

のことを言います。

最近の職場には、基盤がぐらついている人がたくさんいるので、

何かのひょうしに、がくんとメンタルが落ちて、折れるケースが増えています。

人間関係のストレスを生み出しているのも、基盤のぐらつきです。

管理職・リーダーの方には、是非知っておいてもらいたい基礎知識です。

 

メンタルコーチング講座を受講するには

メンタルコーチング講座を受講するには、Step1のセルフマネジメント・トレーニング、ベイシックコーチングを受講しておく必要があります。

セルフマネジメント・トレーニング、ベイシックコーチング講座については、次の章で詳しく解説しています。

ヘルスコーチ・ジャパンのお勧めプログラム

セルフマネジメント・トレーニング

セルフマネジメント・トレーニング

相手の話が聞けなくなるのは、あなたが無意識に持っている「枠組み」「外の顔」「心の地雷」が反応を起こしているから・・・

この講座では、聞けなくしている根本の原因がわかります。

これがわかると、感情コントロールのコツがわかり、ストレスが激減します。

ヘルスコーチ・ジャパン一番の人気講座です。

6/10-11 大阪会場

6/17-18 東京会場

7/22-23 東京会場

セルフマネジメント・トレーニングについての詳しい解説

 

捉え方のレパートリーが拡がるベイシックコーチング

ベイシックコーチング

自分が言いたいことを相手に聞いてもらうには、まずは相手の話を聴くことが重要です。

この講座を受講すると、あなたのコミュニケーション力はアップし、相手があなたの話しを良く聞くようになります!

7/1−2の東京会場が、今季最後のベイシックコーチング講座です。

ここを逃すと、実際の現場で使うためのコーチングである、Step2に行けないので、今年中に部下のやる気を引き出す方法を身につけたい人は、是非いらしてください!

7/1(土)2(日)東京会場

このブログを見てくれているあなたに
30%オフリンクをプレゼントします!

是非この機会をご利用ください

ベイシックコーチング30%オフ申込リンク

コーチングの基本をセットで学ぶコーチング基礎コース

コーチング基礎講座

ベイシックコーチングと、セルフマネジメント・トレーニングをセットでお得に学べるコースです。

コーチング基礎コース