優れたコーチが聴いているただひとつのポイント

 

相手の話の内容に興味関心がないと、聴けなくなります・・・

コーチングを学び始めたばかりの人がぶつかる最初の壁は、相手の話の内容に興味関心がないと、聴けなくなると言うことです。

実は、優れたコーチは、「相手の話の内容」ではなく、もっと違うところを聴いています。

いったい、それは何でしょうか?

フォーカスポイント

画像をクリックすると、動画クイズを見ることができます。

 

できていないところの指摘は相手を萎縮させるだけ

例えば、あなたがテニスのインストラクターだったとしましょう。

ボールを見ていない!

膝が伸びている!

フォロースルーが悪い!

このように、できていないところを次々と指摘することは、

相手にプレッシャーを与えて体を硬くし、

「うまくやらなければ」という焦りをあおるだけで

「本来の目標」である

「ボールをしっかりと見る」ことから相手を遠ざけてしまいます!

 

優れたコーチは何をするのか?

それでは、優れたコーチは、いったい何をするのでしょうか?

優れたコーチは、

相手が本来、焦点を当てるべき所、意識を向けるべきところに、意識が向くようにします。

その前提は「失敗しても構わない」という「安心感」です。

 

インナーゲームの著者ティモシー・ガルウェイがしたこと

インナーゲームの著者ティモシー・ガルウェイは、「キャッチボールが苦手な人が、ボールをキャッチできるようになるコーチング」で次のような言葉がけをしました。

今から投げるボールの【縫い目の動き】を見て、

どちら側にボールが回転しているかを教えてください

ボールは受けとれなくても構いません

 

この言葉がけで、対象者の

ちゃんとやらねばならない

自分はキャッチボールが苦手だ

という意識を外し、

本来見るべき「ボールの動き」に焦点を当てたのです。

 

優れたコーチは「フォーカスポイント」を探している

このように、「フォーカスポイントをどこにするのか?」を見抜くのが、コーチの仕事です。

優れたコーチは

対象者が何にとらわれているのか?

それを外すにはどんな質問が有効か?

どこに焦点をあてれば、目標に到達しやすくなるのか?

という視点で、対象者の話を聴いています。

 

だから、相手の話の内容に、興味関心があろうがなかろうが、集中して聴くことができるのです。

 

まとめ

優れたコーチは、相手の話を聴きながら、本来の目標に到達するために、どこに焦点を当てるべきか、「フォーカスポイント」を探しています。

 

ヘルスコーチ・ジャパンのお勧めプログラム

セルフマネジメント・トレーニング

セルフマネジメント・トレーニング

相手の話が聞けなくなるのは、あなたが無意識に持っている「枠組み」「外の顔」「心の地雷」が反応を起こしているから・・・

この講座では、聞けなくしている根本の原因がわかります。

これがわかると、感情コントロールのコツがわかり、ストレスが激減します。

ヘルスコーチ・ジャパン一番の人気講座です。

6/10-11 大阪会場

6/17-18 東京会場

7/22-23 東京会場

セルフマネジメント・トレーニングについての詳しい解説

 

捉え方のレパートリーが拡がるベイシックコーチング

ベイシックコーチング

自分が言いたいことを相手に聞いてもらうには、まずは相手の話を聴くことが重要です。

この講座を受講すると、あなたのコミュニケーション力はアップし、相手があなたの話しを良く聞くようになります!

7/1−2の東京会場が、今季最後のベイシックコーチング講座です。

ここを逃すと、実際の現場で使うためのコーチングである、Step2に行けないので、今年中に部下のやる気を引き出す方法を身につけたい人は、是非いらしてください!

7/1(土)2(日)東京会場

このブログを見てくれているあなたに
30%オフリンクをプレゼントします!

是非この機会をご利用ください

ベイシックコーチング30%オフ申込リンク

コーチングの基本をセットで学ぶコーチング基礎コース

コーチング基礎講座

ベイシックコーチングと、セルフマネジメント・トレーニングをセットでお得に学べるコースです。

コーチング基礎コース