【よくある質問】会社が目指す目標と違う目標を部下が言った時、どうするんですか?

 

目標のズレ

会社が目指す目標と違う目標を部下が言った時、どうするんですか?

 

コーチング研修をしている時に、良く出る質問です。

組織の中で使うコーチングは、プロコーチが、1対1で雇ってもらったクライアントに使うコーチングとは違います。

そこを、しっかりと区別していないことが、この質問が出てくる背景です。

 

【回答】リクエストとコーチングを分けてください!

 

ずばり、この問いに対する回答は、

組織目標はリクエストしてください!

ということです。

 

組織目標を決めるのも、それを各部署に割り振りするのも、組織です。

なので、各個人へのコーチングをする時には、まず、上司側のリクエストを、期待として、伝えることからスタートします。

………………………………………

今期の目標は、○○だ。

キミには、○○をやってもらいたいと思っている。

その理由は、うんぬんかんぬん・・・

キミには、かくかくしかじかになってもらいたいと思っている

………………………………………

そして、ここからがコーチングの出番です!

………………………………………

この話しを聞いてどう思う?

………………………………………

そうすると、部下のいろんな思いがいっぱい出てくるでしょう。

中には、否定的な意見や、ネガティブな思いも出てくるかもしれません。

でも、そこはじっと我慢!

傾聴の基本-うなづき・あいづち・繰り返しを使いながら、しっかりと部下の思いに耳を傾け、何が部下をそう言わせているのか、その根本のところを引き出しましょう!

 

そして、会社側のリクエストを達成するための道筋を、コーチしていきます。

なぜなら、目標地点は同じでも、そこに到達するまでの道筋は、人それぞれだからです。

最も、その部下の強みが発揮できるやり方を、共に探す手伝いをするのが、組織内コーチであるリーダーの仕事です。

そのためには、部下がどんな思考・行動・感情の傾向を持ち、どういうことにモチベートされやすいのか、どんな関わり方を望むのか、自分とのコミュニケーションスタイルのズレはないかなど、

心の基盤、関係性の基盤をしっかりと整えておく必要があります。

 

まとめ

 

  1. 組織目標はまずリクエストする
  2. リクエストを聞いてどう思うのかを、コーチングで引き出す
  3. 目標達成までの道筋を、コーチングで共に描き、具体的行動プランを作るサポートをする

 

ヘルスコーチ・ジャパンのお勧めプログラム

セルフマネジメント・トレーニング

セルフマネジメント・トレーニング

相手の話が聞けなくなるのは、あなたが無意識に持っている「枠組み」「外の顔」「心の地雷」が反応を起こしているから・・・

この講座では、聞けなくしている根本の原因がわかります。

これがわかると、感情コントロールのコツがわかり、ストレスが激減します。

ヘルスコーチ・ジャパン一番の人気講座です。

6/10-11 大阪会場

6/17-18 東京会場

7/22-23 東京会場

セルフマネジメント・トレーニングについての詳しい解説

捉え方のレパートリーが拡がるベイシックコーチング

ベイシックコーチング

自分が言いたいことを相手に聞いてもらうには、まずは相手の話を聴くことが重要です。

この講座を受講すると、あなたのコミュニケーション力はアップし、相手があなたの話しを良く聞くようになります!

7/1−2の東京会場が、今季最後のベイシックコーチング講座です。

ここを逃すと、実際の現場で使うためのコーチングである、Step2に行けないので、今年中に部下のやる気を引き出す方法を身につけたい人は、是非いらしてください!

7/1(土)2(日)東京会場

このブログを見てくれているあなたに
30%オフリンクをプレゼントします!

是非この機会をご利用ください

ベイシックコーチング30%オフ申込リンク

コーチングの基本をセットで学ぶコーチング基礎コース

コーチング基礎講座

ベイシックコーチングと、セルフマネジメント・トレーニングをセットでお得に学べるコースです。

コーチング基礎コース