続けることで磨かれるコーチングスキル~メンタルコーチングアドバンスin大阪

こんにちは!ヘルスコーチジャパン大阪メンバーの佐藤裕紀です。
いつもヘルスコーチジャパンのブログを読んでいただきありがとうございます!
2016年8月6~7日、大阪にてメンタルコーチング(アドバンス編)を開催しました。

★メンタルコーチング基礎についてはコチラ(前回ブログ記事のURL)

今回も笑いあり、涙あり、感動ありの素敵な講座となりました。

DSC_0279

 


イントロダクション

まずは毎度のファシリテーター紹介。
左から松下コーチ、佐藤コーチ、高橋コーチ。
今回はちょっとお茶目にポージング♪

講座写真ファシリ

そして今回のアシスタントメンバー。
左から出口郁子コーチ、萩本孝子コーチ、増田玲子コーチ
講座写真アシスタント

受講者に最高の学びの場を提供する素敵な仲間たちです。

今回の大阪講座は、京都で開催されているヘルスコーチジャパンの特別講座「糖尿病コーチング講座」の影響もあり、約半数の方が医療・介護職の方々でした。

1日目の午前中はメンタルコーチング基礎編の復習をしながら、この2日間の講座の目的、目標を明確にしていきます。すでに4ヶ月、学びを共にしてきた仲間ですから、アイスブレイク(場をリラックスさせるワーク)がなくてもいいくらい、開始当初から和やかな雰囲気で始まりました。今回、大阪講座に初参加の方もいましたが、全員のウェルカムムードのおかげで、すぐにリラックスしていただけました。

和んでいる写真

講座1日目。まずは、恒例のコミュニケーショングループに分かれて参加目的をシェアします。今年5月のSTEP1から始まり、4ヶ月間の学びを続けてこられた受講者の皆さん。日常の業務やプライベートの場面でメンタルコーチングを実践し、自分で新しい課題を持ってきてくださっています。

コーチングがプレッシャーになる?

1日目の午前は、コーチングがクライアントにとってプレッシャーになるケースについてグループディスカッションを行いました。コーチングを行動を加速するつもりが、返ってプレッシャーになった、相手のためにコーチングしていたはずなのに、相手にとっては苦痛でしかなかった。そんな体験をシェアしながら、プレッシャーを与えるコーチングには何が要因としてあるのか?を掘り下げていきました。

僅かなサインを見逃さない

そして一日目の午後は、「相手の状態を知る、見分ける」ことを学びます。コーチングの原則として、既にメンタル疾患などで通院や内服している方は対象としない、というものがあります。コーチは自分自身の力量では対応できないクライアントに出会ったとき、しかるべき専門職へ紹介する、十分な経験を持つコーチに相談するなど対処方法も身につけておく必要があります。相手のメンタルに触れていく時は、コーチ側にも気をつけなければいけないことがあるのです。

相手の方の表情、声、仕草、ことば…あらゆる情報をキャッチしながら、その人が今どんな状態なのか、コーチングを続けることは可能か?を見極めていきます。デモコーチングを実施し解説しながら、コーチはどんなところに注意し会話を進めているのかを学んでいきます。

その人の能力を最も引き出す関わり方

コーチングは相手に合わせて関わりを変えることで、その人が本来持っている能力を最大限引き出すことを目指します。例えば職場で「経験はあるけどやる気がおきない」、「やる気は十分だけど知識や経験が少ない」、そんな人にどのようにコーチングをしていくのか?グループディスカッションをしながら、コーチングの戦略を練っていきます。

グループディスカッション

 

そしておなじみ裏講座

一日目の夜は、おなじみ裏講座という名の懇親会。今回はいつもと違う鶏肉料理専門の居酒屋さんでコーチング談義に盛り上がりました!懇親会の場で、受講者さんに「いろいろコーチングを教えているところを調べたけど、ヘルスコーチジャパンにして良かった!」と言っていただけてスタッフ一同、本当にうれしく思いました。

裏講座

さて、いよいよ講座2日目です。最初は質問タイム。これまで学んだ中で出てきた疑問をベテランコーチに直接聞けちゃう時間です。「セッション中に沈黙が起こってしまったらどうしたらいい?」「コーチが問題解決に走ってしまった時に何が起こっている?」などなど実際にメンタルコーチングを実践したからこその質問が活発に出されていました。

セルフマネジメントとメンタルヘルスの関係

メンタルヘルスを保つためには、セルフマネジメント力を高めることが重要です。理想と現実のギャップを認められないことからくるストレス、過剰な自責や他責、感情に囚われ行動できない。そんな自己基盤がぐらついている状態とメンタルヘルスはどういう関係があるのか?などなど具体的な例を交えながらお伝えしました。受講者も真剣な面持ちで聞き入っていました。

美佐さんレクチャー

スキルを磨くにはやっぱり実践

2日目の午後はひたすら実践!安心安全の関係を築きながらクライアント自身が自分に気づくような「フィードバック」の仕方、ストレスの原因となる捉え方を切り替える「リフレーミング」についてワークを通じて磨いていきます。トレーニングとはいえ、クライアント役の時は皆さん本気のお悩み相談になって、時には涙がホロリ、なんて場面もありました。

グループワーク

終わりは始まり

実際にコーチングを学び実践をしてみると、なかなかうまくいかなくて、新しい課題が次々見つかると、受講者さんが話されていましたが、そんな時は、「学びが深まったからこそ、新しい課題にも築けるようになったのだ」とお伝えしています。そして皆さん必ず最後に、「また明日から実践してみます」とおっしゃいます。講座受講当初に感じていた、コミュニケーションは難しい、人間関係はなかなか変わらないという捉え方から、可能性を見つけるコミュニケーションができるようになっていく受講者さんの姿を見ると本当にうれしく思います。

今回の講座で2016年の大阪講座は終了しますが、東京、福岡ではまだまだ講座は続きます。また11月の認定試験に向けて各地で受講者のための自主勉強会も開催されます。コーチングの学びに終わりはありませんが、講座で出会った共に学ぶ新しい仲間と、来年もますます大阪講座盛り上げていきます。

参加していただいた皆様、ありがとうございました!

集合写真

【今後の講座予定】

コーチング基礎講座(STEP1)
ポジティブ思考が自然と身につき 相手も自分も成長できる 会話力が得られます。

………………………………………

10/1~ 2 東京
………………………………………

プログラムの詳しい情報は下記のリンクをどうぞ!
/lp/coaching-basics

セルフマネジメントトレーニング(STEP1)
自分を知り、相手を知って、人間関係を整える力がつく講座です。

………………………………………

10/15~16 東京
………………………………………

プログラムの詳しい情報は 下記からご覧になれます
/lp/self-management

………………………………………