コーチング講座選びで迷っているあなたへ〜講座選び3つのポイント

ひたすら練習

コーチングを学んでみたいけど、いろんな会社が、いろんなコーチング講座をやっていて、どれを選んで良いかわからないというあなたへ・・・

あなたにぴったりの講座選び3つのポイントをまとめてみました。

コーチング講座選びで迷っているあなたへ
〜講座選び3つのポイント

 

 1,コーチングを学ぶ目的をはっきりさせる

まず、コーチングを学ぶ目的をはっきりさせましょう。

あなたは、コーチングスキルを、どこで、何のために使おうと思っていますか?

  • 職場での部下マネジメントのためですか?
  • 人材育成力や指導力をアップするためでしょうか?
  • ビジネススキルのひとつとしてでしょうか?
  • コミュニケーション力アップのためですか?
  • 専門スキルにコーチングスキルをプラスして、専門家としての力量をさらに向上させるためでしょうか?

それとも

  • 子育てに使うためでしょうか?
  • 子育てに悩むお母さんをサポートするためでしょうか?
  • 自分自身をもっとよく知るためでしょうか?

それとも、

  • プロコーチとして、将来独立するためでしょうか?

どこで何のために使うかによって、選び方が変わってきます。

まず、コーチングを何のために学ぶのか、その目的をはっきりさせましょう。

 

2,コーチングを使おうと思っている対象者の特徴を掴みましょう

プログラムによっては、「目標が明確で、モチベーションが高い人」だけを対象にしているケースがあります。

ビジネスコーチングを前面に出しているところは、ほとんどがそうです。

もしあなたが、ビジネスの現場で、自分の部下に使いたいと思っていたとしたら、「やる気がある人」だけを対象としたコーチングプログラムは、使えないでしょう。

あなたが使いたいと思っている相手の特徴をしっかりと把握し、その対象者をカバーするプログラムかどうか、確かめてください。

 

3,国際基準に則ったプログラムかどうか確かめる

単発講座などだと、講師は、コーチングを頭で知っているだけで、自分がコーチングを受けたことも、1対1のコーチングをしたこともないことがあります。

最近、コーチングの基本的な訓練を受けていないにもかかわらず、コーチを名乗る人が増えているので気をつけてください。

そういう人が行う講座は、一方通行なレクチャー形式のものであることが多いです。コーチングは、双方向コミュニケーション。1対多の講座になっても、双方向コミュニケーションを起こせなければ、その人はコーチとは言えません。

それを見分けるには、コーチの国際基準を作っている、国際コーチ連盟(ICF)のコアコンピテンシーに則ったプログラムかどうかを確認するとわかります。

ICF国際コーチ連盟

国際コーチ連盟の詳細はここをクリック

………………………………………

コーチングを始めて15年になりますが、コーチングは、ありとあらゆるところで役に立つ”万能ツール”で、本当に使い勝手が良いと心底思います。

万能であるがゆえに、いったい何に使いたいのか、そこを明確にしてから、スタートしてみてくださいね。

そうすれば、短時間で有効に、身につけることができると思います。

 

………………………………………

ヘルスコーチ・ジャパンでは、2016年1月から、Step1のコーチング基礎講座、セルフマネジメント・トレーニングがスタートします。

ヘルスコーチ・ジャパンのコーチング講座は、国際コーチ連盟(ICF)の認定を受けた信頼できるプログラムです。

ACSTH

ヘルスコーチ・ジャパンのプログラムの特徴は下記バナーをクリックするとご覧になれます。

ヘルスコーチ・ジャパンプログラムの特徴

2016年度の講座スケジュールは下記です。1月にスタートします。東京・大阪・福岡で受講できます。

ヘルスコーチ・ジャパンの講座スケジュール