「基盤を整え元気をサポート」東京セルフマネジメント・トレーニング講座レポート

こんにちは。東京メンバーの田所です。
2015年10月17日~18日に、セルフマネジメント・トレーニング講座が開催されました。

ヘルスコーチ・ジャパンではコーチングを学ぶ方々に、セルフマネジメント・トレーニング講座を提供しています。
セルフマネジメント=自分の基盤を整えること、トレーニング=訓練する、これとコーチングってどう関係するのでしょう。

コーチングでは、相手のやる気を引き出し、相手が自ら行動することをサポートしますが、自分自身の感情や相手の気持ちを上手く扱えないと、せっかく学んだコーチングが生かせません。

職場であなたが上司で部下に作業を指示して、部下が伝えたことしかしなかったり、約束を守れなかったりしたら、あなたはどう感じますか。
期待どおりでないと、イライラしたり、ガッカリしたりしないでしょうか。

もしご家庭で、あなたのお子さんが言うことを聞かなかったら、あなたはどう感じますか。

怒りをぶつけたり、上手くいかない自分を責めたりしていないでしょうか。

それだけではありません。
相手の基盤が整っていないのに無理やり行動を引き出してしまったら、ますますプレッシャーを感じてしまうかもしれません。
相手の気持ちや心の整理をサポートするのもコーチの大切な役割です。

ですから、コーチングを学ぶとき、セルフマネジメントを理解し、実践できることが重要になってきます。

今回のファシリテーター
講座のファシリテータはこの二人
(左:渡辺コーチ、右:最上コーチ)
が務めました。


では、どうやって理解を深め、身に付けていくのでしょうか。
講座の内容をヒントに探っていきましょう。

「十人十色」という言葉を知らない方はいらっしゃらないでしょう。
人はそれぞれ違うということは、だれでも頭では理解しています。

では、
自分は何色でしょう?
周りの人は?
その色はどんな特徴がありますか?
と聞かれると、ちょっと戸惑う方も多いのではないでしょうか。


講座ではそれを実感するために、ワークを中心に進めていきます。

アイスブレイク受講者が気持ちよく参加できるよう
安心・安全な場づくりから始まります


●コミュニケーション・スタイル

コミュニケーションスタイル発表中 コミュニケーションスタイルごとに
協力して発表中

「自分は他人からどう見られがち」で4つのグループに分かれて、各グループで自分たちの特徴を掘り起こしていきます。
自分のことがなかなか表現できないときは、ファシリテータやアシスタントたちがサポートして、どんどん自分自身について発見していきます。

さて、特徴がひとしきり出たところで、各グループの発表です。

「そんなのありぃ!?」
「えぇぇ・・・(怖)」(小声)

驚きの声が上がります。
自分とあまりに違い過ぎて理解が追い付かないこともしばしば。
自分の当たり前すぎて意識すらしていなかったことが、「普通じゃない」に気づく瞬間です。

そして質問タイム。
自分と異なるグループに、こんな時どうする、などの質問を投げかけます。

「気持ちを伝えたいんですけど、どうすればいぃ?」(再び小声)
「いらないっ(きっぱり)!」
「えぇぇ、でも・・・(汗)」

自分たち自身が標本(失礼)になり、生で違いを実感する時間となりました。

「今までのモヤモヤ、イライラの元が分かってスッキリした。」
「あの人(上司)とは、こうかかわればいいんだ。」

と、たくさんの気づきがありました。


懇親会 1日目の講座終了後は
懇親会で大盛り上がり!


●枠組み、外の顔

誰しも人それぞれの「~ねばならない」「~べきである」を持っています。
「人は自由であるべき」「ルール・マナーは守るべき」などなど。
それがあるから学びを深め、仕事に励み、家庭を大切にすることで自分自身の成長に役立てています。

また、人はいろんな役割があります。
ある男性は、会社では上司であり、部下であり、家庭では夫であり、父親でもあります。長男で、町内会の役員をしているかもしれません。
それらの役割にも「ねば」「べき」を持っています。

さて、色々な役割が持っている枠組み同志が自分の中で対立したり、反発したりしているとどうでしょう。
「仕事は疎かにしてはならない」と、一所懸命に働こうとする自分と、
「父親は家族の時間も大切にするべきだ」と、家族と過ごす時間を作ろうとする自分。
どこかで無理してしまいそうです。


枠組みワーク中 少人数に分かれて、「枠組み」を書き出します
他の人のを見ると、自分の別の「枠組み」に気づきます

どうしてこんなことが起きるのでしょう。
そこには「こう思われたい(思われたくない)」という「外の顔」があります。
「外の顔」は本当の自分ではない仮面、姿です。
いくつもの「外の顔」を守ろうとして、本当の自分が苦しむことになる。

自分の「枠組み」や「外の顔」を否定されたと感じる出来事が起きると、動揺したり、爆発したりします。
「家族を大事に」と思っているのに、家族からの「仕事ばかりして」という何気ない一言で、冷静でいられなくなる。
これでは基盤が整った状態ではいられません。


共有の時間他の方の気づきが、学びをさらに深めます


講座ではワークを通して、自分の持っている「枠組み」や「外の顔」を探していきます。
普段、知らぬ間に避けている(蓋をして見ないようにしている)所なので、ファシリテータやアシスタントがしっかりサポートして見つけるお手伝いをします。

見つけられると、動揺するかもしれません。
ですから、それにどうやって対処するかも学びます。

自分自身の「枠組み」や「外の顔」を理解することで、基盤を整えるための手助けになります。そして、「枠組み」や「外の顔」に反応している相手をサポートすることができるようになります。


集合写真 笑顔で集合写真!


いかがでしたでしょうか。
コーチングを学ぶ上で、セルフマネジメント、自分を整えることの大切さがご理解いただけたことと思います。

そして、本当の理解は自分自身で実感するしかありません。
ぜひ、これを読まれている皆さんも、セルフマネジメント・トレーニング講座に参加してみませんか。

2016年の講座日程は下の表のようになっています。
(※詳細は画像をクリック)
[写真]講座日程

受講料がお安く、しかも特典付きの「ハッピーのおすそ分けキャンペーン」も実施中です。

皆さんと講座でお会いできることを楽しみにお待ちしています。

*************
田所孝文さん
この記事は、東京メンバーでエンジニアの田所さんが書きました。
田所さんのfacebookはこちらです