指示待ちで受け身な部下との関わり方−若い部下

指示待ちで受け身な部下が

比較的若い世代で
いたれりつくせりの育ち方をしている場合

次のような関わり方が有効です。

いたれりつくせり 会社では、自分から積極的に動くことが求められていることを、入社の段階でしっかりと教えましょう。

そして実際に、積極的に動いた人が認められ、褒められることが重要です。

自ら積極的に動いたのに、それを否定されたり、叱られたりすると、指示待ち・受け身に逆戻りします。

 

また、この世代は、競争にさらされていないので、
失敗を極端に恐れる傾向が強い世代です。

最初は、コーチ的に関わりながら、小さな成功体験を作るサポートが必要です。

指示待ちの若い部下との関わり方

 

いたれりつくせりの育ち方をした
若い部下との関わり方まとめ

  • 会社では、自分から積極的に動くことが求められていることを、入社の段階でしっかりと教える
  • 積極的に動いた人が実際に、認められ、褒められるのを見せる(風土にする)
  • 最初は、コーチ的に関わりながら、小さな成功体験を作るサポートをして、失敗への恐れを緩和する

指示待ちで受け身な部下をやる気にさせる
具体的な関わり方が学べます。

詳細は、下記をどうぞ!

コーチング基礎講座(東京・大阪・福岡開催)