自分から相手へ、そして「チーム」へ

今回のメンタルコーチングチームケアは、セルフケアに続くステップアップ。
セルフケアで気づき学んだ内容を踏まえ、さらに一歩踏み込み、
周りの人たちとの関わりに活用していく方法を学びます。
講座の内容は、

「観察する・気づく」→「使う・実践する」という流れ。

相手にうまく関わるためには、まず、相手の状態を把握すること、変化に気づくことから。
前半は、その相手を観察するための切り口のレパートリーを増す。
そして後半は、その状態に合わせて適切な関わり方を考え、関わっていく。

これを講義とワークを通して、学び、実践、体感する二日間です。

ファシリテーターはこの二人。
ファシリ
平田奈美コーチ(左)と山本素子コーチ(右)

そして、受講生の学びを促進サポートするアシスタント陣
アシスタント
最上代表もアシスタントとして使っちゃいました ^m^

 

■知ることが、気づいてあげること

自分自身や周囲の人たちがメンタルダウンした(落ち込んだ)ことを振り返り、その兆候を洗い出します。

兆候事例

自分だけでなくたくさんの事例を知ることが、気づいてあげることの最初のステップになりますね。

 

■発達段階に応じた関わり方

相手を観察するため「やる気」と「技能・知識」という二つの切り口で、周囲の人を見ていき、それぞれのレベルに応じた関わり方をディスカッション。

発達段階1

 

発達段階1

 

発達段階3

 

発達段階4

普段は何気なく関わっていますが、それぞれの状態を区分することで、関わり方が整理され、明確になっていきます。

 

■学びは夜もつづく(ウラ講座)

一日目終了後は、恒例の懇親会=ウラ講座。
講座でイマイチ腑に落ちなかったこと、わからなかったことも、ここでは素直に聞けます。

ウラ講座
お互いの体験や気づきをシェアし合う仲間。
まさに、講座の参加者同士がソーシャルサポーターの役割を果たしています。

 

■実践、実践、また実践!

二日目はスキルトレーニング。
これまで学んだこと、新しく学ぶこと、合わせて実践ワークの繰り返しです。

ワーク1

 

ワーク2
各グループにアシスタントが密着。
一人ひとりに対してフィードバックやアドバイスをしていきます。

 

■「知る」から「できる!」へ

講義の後のワークでは、「難しい・・・」「できない」の声がチラホラでます。
しかし、それは「できる!の兆候」なんです。

学びの4段階

 

自分ができてないことを知ることで、ガッカリしたり、落ち込んだりすることもありますが、それは成長している証。
コーチングは「やってなんぼ」。数稽古により習得スピードが上がります。
これからは、どんどん実践していきましょう~♪

集合
講座を終え、良い意味で頭も心も満タンになり、笑顔があふれます。

********

994965_627876330588090_644547433_n今回の記事担当は、ヘルスコーチ・ジャパンのメインファシリテーターでもある石橋全さん。コーチや研修だけでなく、地元福岡鐘崎のために、日々いろいろな活動しています。

石橋全さんのfacebookページはこちらから