糖尿病コーチング~信頼関係を再構築する~

平成26年7月20-21日、京都で糖尿病コーチングstep1が開催されました。

京都からだけでなく、大阪、兵庫、愛知、東京、福岡など日本各地から、
再受講3名を含めた19名の受講者にご参加いただきました。

糖尿病に特化したコーチングということで、参加者は看護師、管理栄養士、
医師と、製薬メーカーの皆さま方でした。

糖尿病コーチング1

今年もアークレイ研究所に会場を貸していただきました。
室町時代の庭を臨む、素晴らしい環境です。

糖尿病コーチング7

【参考記事:動画あり】
糖尿病治療とコーチング(森岡内科 糖尿病専門医 森岡浩平さん)

今回は、「医療者と患者さんとの関係を再構築する」ということで、
医療者と患者さんがお互いにどのように思っているかを それぞれの視点に立って考えます。

はじめは緊張気味の皆さんにもだんだん笑顔が出てきて、
色々な意見を出し合うことによって、たくさんの新たな気づきが得られました。

糖尿病コーチング2

さらに、医療者と患者さんの枠組みやセルフイメージに触れ、
医療者と患者さんの関係性に影響を与えていることを知り、
これからの新しい関係性を築くための作業に入ります。

糖尿病コーチング3

今回は受講生やアシスタントにまさに患者さんの立場の方がいらっしゃって、
患者さんの貴重な生の声を聞くことができました。
会場の空気が変わり、一体感に包まれました。

糖尿病コーチング4-1

うまく伝えきれないもどかしさ、承認される喜び、
患者さんを理解しようとする医療者の姿勢などのお話に
スタッフ一同、大変感動しました。

糖尿病コーチング4

そして、夜の懇親会も大変盛り上がりました!!

糖尿病コーチング5

皆さまのご協力で無事に講座が終了しました。
皆さんの明日からの糖尿病診療に少しでもお役に立てればうれしいです。
次回はstep2でお会いしましょう!!

糖尿病コーチング6

*******
森岡浩平さん
今回の記事担当は 三重で森岡内科を開業する森岡浩平さんです。
「糖尿病療養には、コーチングなど心理的アプローチが欠かせません」が持論のドクターです。
森岡浩平さんのfacebookはこちらです。