社員研修を一番成果が出るスタイルに変えませんか?

研修はしているけど社員教育が上手くいかないみなさんへ

研修にコーチングをのエッセンスを加えてみませんか?

研修で一番成果の出る構造は集合研修(OFFJT)を定期的に行いその間にマンツーマンのコーチングを実施することです。この構造を作ることで教育が浸透して従業員のスキルアップが図れます。

大きな企業ではすでにOFFJTとOJT(日常業務における教育訓練)を意識して実践なさってることと思いますが、これにコーチングのエッセンスを加えることで、OFFJTは一方通行の講義形式の講座ではなく、ライブ感のある講座に変身します。

また、OJTのより一層効果的なものとなり企業業績も向上していきます。

10306776_621480667920279_9027247000108141668_n

5月10日11日は、OFFJTにより磨きをかけるためのセミナーである「学習ファシリテーション講座」(福岡会場)が行なわれました。

一方通行の講座ではなく、参加者を巻き込んだライブ感のある講座や研修にするためのセミナーです。

最初は人前に立つのが苦手・・・と言う方ばかりでしたが、スモールステップでの繰り返しの練習とフィードバックで、たったの2日間で見違えるように上達されました。

最近では、大学でも「アクティブラーニング」を推奨する時代です。一方通行の講義形式の講座は、歓迎されません。コーチ的関わりをセミナーに取り入れることで、同じプログラムでも、全く違う印象になります。すべては、1対1のコーチングが基本です。

企業研修だけでなくセミナー講師や先生などにも幅広く活用できるスキルです。

10311757_621480714586941_8125890790637067677_n

2日間の訓練で、みなさん終了時はぐったりでしたが、とても素敵な笑顔が印象的でした。

10372059_621480664586946_7282520991389948724_n

今回私もアシスタントとして参加したのですが、新しいプログラムでの皆さんの習得の速さにビックリしました。「自分たちのときは、2日間でここまではなれなかった・・・」

羨ましいなあ~と思う反面、我々ヘルスコーチジャパンの成長を大いに感じた2日間でもありました。