セルフマネジメント・トレーニング~福岡会場~

7月13日(土)-14日(日)、ももちパレスにて セルフマネジメント・トレーニング講座を開催しました。

今回のファシリテーターは待鳥良邦コーチ(右)・待鳥美弥子コーチ(中央)・梶本由美コーチ(左)です。

ヘルスコーチジャパンでは、自分自身をうまく扱える力(自己基盤力)と人と関わる力(人間関係力)のふたつを合わせてセルフマネジメント力と呼んでいます。セルフマネジメント力が弱いと、人との関係において、過剰に反応したり、相手との適切な距離が保てなかったりして、ストレスを感じやすくなります。講座では、コミュニケーションスタイル/強みなど、様々な切り口で 多様性を学び、仲間との違いを楽しみながら、自分自身と向き合っていきます。

 

 

アイスブレイクでは自分を表す漢字一文字を使って自己紹介。偶然 同じ漢字を選んだ人もいましたが、それに込められた思いは人さまざま。笑顔が広がりました。

 

 

 

 

コミュニケーションスタイルのワーク中の一コマ。

一人の発言に、「それ、あるある」

楽しさと気持ちを大切にする右上チームはワーク中も満面の笑顔です。

 

 

 

 

ワークを見守る梶本コーチの優しい眼差し。

 

 

 

 

 

二日目。強みのワーク中。

身を乗り出して熱心に話を聴いてくれる仲間の存在が学びを加速させてくれます。

生育の過程の中でわたしたちが身につけてきた「枠組み」(あるべき姿)は成長の源にもストレスにもなります。

たくさんピックアップして、そこから見えてくる自分自身のセルフイメージ(人から思われたい姿)を整理します。

 

 

 

 

 

 

ワークの後は班ごとに発表。
活発な意見交換がなされ、

「自分の傾向を知ることで、他人の傾向も認められるようになり、人間関係が楽になった」

再受講生が口を揃えて言う言葉を 初受講生も感じ始めたようでした。


恒例の記念撮影。笑顔が充実感を物語っています。
「楽しかった。他の人との違いはあるとわかっていても、日ごろはあまり意識しない。もっと知りたい」「奥が深くて再受講が多いのもよくわかる。また来ます」と嬉しい言葉を多数いただきました。2日間 お疲れ様でした。講座での気づきを日常の生活に活かしてお互いがんばっていきましょう。再会を楽しみにしています。