私のお気に入り~セルフマネジメント・トレーニング~

6月に開催されたセルフマネジメント・トレーニング大阪講座の
アシスタント、小松香織さんからの投稿です。

この講座が「私のお気に入り」であるワケを書いてくれました。

*************************************************
私は、四国の南に位置する高知県に住んでいる。
青い海、青い空、食べ物はもちろん水も空気もおいしい、ステキなところである。

・・・ただ、残念なことは、四方八方海に囲まれているので、
「ちょろっと県外に出かけてきます」とは簡単に言えない遠方に位置していることだ。
時間と距離と体力もろもろが腰を重くすることもある。

しかしそんな環境にいるのにもかかわらず、時間もお金も移動も体力もものともせず、
私はヘルスコーチ・ジャパンの講座の魅力にとりつかれ、リピーターと化しているのだ。
特にその中でも、セルフマネージメントトレーニング講座は、私の大のお気に入りの講座である。

セルフマネージメントトレーニング講座は、
自分をあらゆる側面から見ることで、
自分自身のもつ強みや、思考のくせ、他人に与えている影響などを知り、
対人関係に活かすヒントを得る講座である。


セルフマネジネント・トレーニングの魅力、それは。


その1、同じ内容のはずなのに、毎回違う顔を見せてくれる。

私は、10回以上セルフマネージメントトレーニング講座に参加しているが、まったくと言っていいほど同じものはない。
毎回、初めての経験をさせてくれる。

たとえば、6月8日、9日に参加してきた大阪の同講座でも、初めての体験があった。
    
この講座では、自分自身が外に向けてどんなふうにコミュニケーションをとっているのか、
大きく4つのタイプに分けるワークを行う。

私は、このワークでは、女子高生ノリのにぎやかタイプにほぼ属するのだが、
今回の大阪講座では、「ゆったり、しっとり、あなたをサポートします」タイプが多く、
リーダーさんタイプと、私が常に腰をすえているにぎやかタイプがいなかったのだ。


←「気が付けば裏方さん」チームの発表

私が今まで参加してきた講座では、こんな光景はほとんどなく、
ほとんど、立ち上がってがやがや言いながら行っていたため、
座って静かに冷静に、ワークをするなんて初めての経験だった。
不思議な感覚・・・だったけれど、それはそれで面白い経験だった。

それだけじゃない。


その2、「十人十色」という言葉の意味をライブで体感できる。

そこから、他人のすごいところが発見できる。同時に自分のすごいところも認識できる。
「私はこんな人間だと思っていた」けど、そうじゃない「自分の知らない、自分」も発見できる。


その3、ささいな疑問も発言できる。

他人の言葉に耳を傾けることができる、そして、自分の言葉にも耳を傾けてもらえる。


その4、受講内、泣いても怒っても、困惑しても、大声で笑っても、否定しないで、受け入れてくれる。

まだまだ、他にもたくさんあるが
一番の魅力は、他人も自分も、認めることができる機会をあたえてもらえることだと私は思う。

今回の大阪講座で、一番印象に残った、参加者の方が言っていた言葉。

「こんなに他人に認めてもらえる場所はない。あの承認のシャワーを浴びたくて、またきました。」

この言葉が私の伝えたいことをぎゅっと凝縮している気がする。

・・・そして、私は、また人を認めたくて、自分も認められたくて、通い続けるんだろうなぁ。。。

********************************************************************

この記事は、
高知県の保健師で、ヘルスコーチ・ジャパンの設立当初からか関わってくださっている
小松香織さんからでした。
小松香織さんのfacebook