「同じ絵をみるための質問」~大阪勉強会

IMAG1276-1

3月30日、大阪で勉強会を開催しました。

 

見学者お二人に加え
懐かしい参加者もあって
新鮮に、そして、なごやかにスタート。

 

ファシリテーターは、
山口県から駆けつけてくれた山下清可コーチです。
(写真で立っている人です)

 

テーマは「同じ絵をみるための質問」

 

コーチングでは、相手が話している内容を共有することが大事です。
しかし、コーチ側の思い込みが、それをジャマしてしまうことがあります。

 

そのことが実際の絵を使ってみることで
参加者に手に取るように明らかになりました!
(山下コーチのオリジナル・プログラムだそうです!)

 

その他にも、
どんな質問が答えやすいか、
そこにも相手によって違いが見られるなど
コーチングのポイントをたっぷり復習できた3時間でした。

 

ヘルスコーチ・ジャパンは
自己基盤を扱えるコーチングを、できるだけ多くの人にお伝えしたいと願っています。
そのために、関西でも、どんどん新しいファシリテーターを育てていきたいと考えています。