「枠組み」と「セルフイメージ」と「気付き」と「笑顔」

 7/14(土)-15(日)に開催されたヘルスコーチ・ジャパン(以下HCJ)の
「セルフマネジメント・トレーニング 福岡講座」
(以下SMT)の模様をお届けします。
…………………………………………………………………………………………………………………………..

◆自分の 「枠組み」とは何か?を知る

 2日目の午前中は、「昨日の振り返り=質問タイム」「強み」と講座は進行、
午後からは、ヘルスコーチ・ジャパンで最も重要な項目の一つとして扱われる
「枠組み」と「セルフイメージと心の地雷」に進みます。





 また、この日はアシスタントが4名増員され、昨日の会場が、さらに活気に溢れた会場となりました。












 「枠組み」の体験ワークでは、「男性グループ」、「女性グループ」、「看護師グループ」
に別れて、受講生個人個人が持つ枠組みを書き出していきます。



☆「男性グループ」



☆「女性グループ」



☆「看護師グループ」

 ワーク中に、「女性グループ」が【男は~~あるべき】という枠組みを書き出すと、
「男性グループ」も対抗して、【女性は…】という枠組みを書き出しました。
さらに「男性グループ」は「看護師グループ」を意識した【ナースは○○あるべき】
という枠組みを書き出す。。。など受講生はワークを楽しんでいました。


 その中でもワーク中に興味深かったのは、「女性グループ」で話題になった枠組みでした。
その枠組みは【割り勘は○○】というもの。

 その【割り勘は○○】という枠組みが話題になったのは、

『(無理して)奢ってくれるよりは、割り勘の方がいい』 というものと
『支払いは男性がするべきだ』 というものでした。

 「女性グループ」の中では<こんなにも世代間で違うんだね!?>という意見も出て
枠組みのワーク中にも、「多様性」というものを感じられました。

 男性の立場から見ると、とても興味深いものでした。(笑)


 各グループから代表を選出して、グループの傾向を発表します。


最後のトリを飾った「男性グループ」、ここではスポーツインストラクターの2名の受講生が
率先して発表しました。【女は….】の枠組みを発表する時は歯切れ悪そうに、話していたのですが、
会場は笑いに包まれていました。



◆「セルフイメージ」を言語化することで…

 「セルフイメージと心の地雷」の体験ワークでは、【セルフイメージ=人から見られたい姿】を
2人一組でお互いの「セルフイメージ」を言語化していきます。

 そして、「一日を振り返る」というワークで、最後の体験ワークを迎えます。
 円形になって「2日間の講座の感想」を全員で一言ずつ話して、共有します。

 ここでは受講生一人ひとりの想いが短いコメントの中に集約されます。
 笑顔で発言する受講生や涙ぐむ受講生、次の再受講を話題に挙げる初受講生など
様々な内容のことを話します。
 
 この中に、とても印象的なコメントをする初参加の受講生がいました。
 それは、「セルフイメージが親との関係にあることに気付いた」というものでした。

 円形の発表後に、この受講生にコメントの内容の詳細を聴かせて貰いました。



◆言語化していく過程で起こったこと

 この受講生は、前述の「セルフイメージ」を言語化するワークで、
女性アシスタントとワークを行いました。

『どういう人に見られたくないの??』

という質問から始まったワーク。
 コーチの質問に答えていくうちに、「セルフイメージと心の地雷」
御両親との関係あることに気付きました。

 この受講生は「ちゃんとしなければならない」という(枠組み)を
漠然と思っていました。
 そして、セルフイメージは「ちゃんとした人に見られたい」

 この受講生は、ご実家の両親が自営業をされていて、
ご両親は、仕事に対して厳しいくらいの職業意識を持たれているそうです。
 小さな頃から母親に「ちゃんとしなさい」と絶えず言われ続けてきた、と話してくれました。

小さな頃は、ご両親が、家に居ないことも多く、褒められた記憶も少ない
また、否定的な言葉が多かったことを覚えている、と語ってくれました。

「枠組み」のワークでも、仕事に関することが多かった事に、
女性アシスタントとのワークの中で気付きました。

 この受講生が、自分に向けて投げかけた質問があります

「認めて欲しかったの??」

 両親との関係に『まだ、何か踏み込めないものがある』とも口にしていましたが
今回は、「ちゃんとした人に見られたい」という「セルフイメージ」がご両親に関係ある
というだけでも十分な収穫だったかもしれません。

 2月のSMT講座で私自身が体験しましたし、この時の体験がきっかけで、以降の考え方に
変化を感じるからです。

 私自身、この時の体験で「気付いたこと」はそれほど大きいものではなく
言葉にしてみれば、単純なことですが、これからの人生に大きく影響を与えるだろう!と思えるほどの
「気付いたこと」だと、最近では感じています。

 以前の3月のSMTでも、初参加の受講生が同じように一つの「心の地雷」に
気付いたことを話してくれたのですが、この時の受講生も今回の受講生も
満足げな笑顔で話してくれました、あの笑顔が今でも頭から離れません。

これからも、あの笑顔をたくさん見たい!と心から思ったSMT講座でした。