コーチングサイクルを回そうとする前に

 以前にも紹介しましたが、ヘルスコーチ・ジャパン(以下HCJ)の講座は、
そのほとんどが2日間で行われます。

 毎回、講座2日目の午前中は、前日の講座内容を、
受講生(全員)が振り返ることから始めます。

 6月30日(土)・7月1日(日)に行われた
「コーチング基礎 福岡講座」
の2日目の午前中は、いつにも増して白熱した時間となりました。
………………………………………………………………………………………………………………



◆理解が深まる「質問タイム」

 まずは、2人一組でお互いに、昨日の講座内容を振り返ります。
次に、2人一組が2グループ合流して4人一組へ。

 この4人一組では、昨日の講座を受けてみて、
「感じたこと」「時間をおいて改めて気づいたこと」
「気になっていること、うまく理解できないこと
(HCJでは「モヤモヤ」という言葉で表現されます)
などを4人で共有します。

 さらに4人組の「グループ内の感想」「コーチに尋ねてみたいこと」
ファシリテーターが順番に各グループに対して、発言を促していきます。




「コーチに尋ねてみたいこと」
には

□ゴール設定の仕方が知りたい
□コーチングサイクルとPDCAサイクルの違いを知りたい
□現状からGoalへのもっていき方を教えて欲しい
□職場では、どうやって活かしたら良いのか
□「メラビアンの法則」の「周辺言語」ってなんなのか
□ゴール設定が見つかって無い人には、どうしたらいいのか
□「同意」にとられないためのリフレインの使い方

などなど。

 受講生から出た「質問・疑問」、「意見」に対して
ファシリテーター、アシスタントといったコーチ達が答えます。

 その中で、
「コーチングセッションを繰り返し行っているのに、
行動しないクライアント」
の話になりました。

 この話題になった途端、
『正に、そこ(行動が起きない理由)が知りたい!!』
と声を大きくして訴える受講生もいました。



◆セルフイメージが行動を止める!

 これは、「行動が起こらない理由」に会場全体が注目する中、
ファシリテーターから促されて、代表理事の最上コーチが答えていた発言の一つです。

 ”「行動が起こらない理由」はいろいろあるけれども、、、”という前置きの上、
最上コーチが紹介してくれたケースは次のようなものでした。

クライアントがコーチに対して
「いいクライアント」「優秀なクライアント」で
いたいがためにたてた偽りのGoalの場合

つまり、

コーチに対して、自分の

セルフイメージを守ろうとしてたてたGoalの場合

本当にやりたいGoalではないので、行動が起こらないことがあります。

また、

Goalそのものは、その人がやりたいことであっても、
いざ、実行しようとしたときに

「優秀な人だと思われたい」
「みっともない人、失敗する人だと思われたくない」

という

セルフイメージが働いて行動を止めるケースもあります。

エネルギーレベルが下がっているケースも行動が起こらないとのことでした。


『クライアントの言葉の裏側にあるものを、
 いかに聴きとるか!
 そこにコーチの腕が問われるのです。』

との最上コーチの説明に受講生達は、
説明に聴き入ったり、手持ちの紙に書き込んだり、
納得したように頷いたり、と各々に理解を深めていました。

「セルフイメージ」については下記を参考にしてください

セルフイメージが邪魔をする
人から見られたい姿-セルフイメージ
心の地雷





◆コミュニケーションピラミッドの図を見直して

コミュニケーションピラミッド


 最上コーチの説明を聴きながら、テキストの「コミュニケーションピラミッド」(左図)を見直していました。以前受講したコーチング基礎2/18-2/19でも「コーチング」と「自己基盤」の関係性を感じましたが、今回は前回と違った見方で感じたように思いました。



『コーチングサイクルが回りづらいケースの場合は、
 自己基盤を整えるコーチングをした方が
 結果が出やすくなります。』

 これは事あるごとに、最上コーチが繰り返し繰り返し
口にしている言葉ですが、その意味が少し理解できたような気がしました。