前向き思考に変化するヘルスコーチ・ジャパンの講座

6月16日(土)・17日(日)に行われたヘルスコーチ・ジャパン(以下HCJ)の
「セルフマネジメント・トレーニング 福岡講座」(以下SMT)
にアシスタントとして参加した講座の様子をお届けします。


この日は石橋全コーチと、石橋哲哉コーチ
゛W石橋コーチ゛、
゛W(元)公務員゛
による
゛Wファシリテーション゛
というユニークな自己紹介から講座は始まりました。

◆体験談の話に家族ネタが多く登場するアットホームパパの[石橋全コーチ]
石橋全コーチ










◆存在感のあるキャラクターと笑顔が安心感を与えてくれる「石橋哲哉コーチ」
石橋哲哉コーチ












■一度受講したら皆仲間!!

この日も福岡市内は勿論のこと、近隣では山口県・熊本県、遠方では関東地方からも参加申込があり、会場には20名を超す受講生の熱気が満ちていました。
2012-06-16開始時(全体)

今回は初めてSMTを受講する゛初受講゛の受講生が半数を占めていました。
その中に、①前回の別講座に参加したのが半年前(もしかしたら、もっと前)。②その参加の際にも2日間の講座を共に受講した。という受講生と再会することができたのですが、実習ワークで自身の体験を共有する「ヘルスコーチ・ジャパンという団体の特徴」でしょうか!?久しぶりに再会した喜びに、お互いが満面の笑顔で迎えていました。しかも何度かそういうシーンがありました!!
いま思うと、その「そういうシーン」は全て男性です。いい歳の男性が満面の笑顔で再会喜んでいるのですから、周りから見たら気持ち悪かったかも知れませんね(笑)


■初受講生と再受講生の違い!?

さて初日は、「コミュニケーションの基本原理」「コミュニケーションスタイル」と、タイトルで判るようにコミュニケーションについて、みっちり学びます。

まずは、自分とのコミュニケーションである<内側のコミュニケーション>の体験ワークから、他者とのコミュニケーションである<外側のコミュニケーション>の体験ワークへ段階的に進んでいきます。

今回は、初受講生グループを2チームに分け、再受講生にアシスタントを含めたグループを2チームに分けて、体験ワークを行いました。

*初受講チーム(2チーム)*

☆再受講チーム(2チーム)☆

この体験ワークは「言葉だけで伝える」ということを各チームで学びます。
体験ワークは2回行われましたが、1回目は再受講チームが2チーム共に、伝えることに成功。
初受講の2チームは途中で制限時間がきてしまい、時間切れで終了、となりました。
2回目は初受講チームも再受講チームも全て(4チーム)、時間切れで終了となりました。

ここで、チームごとにディスカッションを行い、それぞれのチームごとに発表します。
この発表で印象的だったのが、下記の〔*初受講チーム〕と〔☆再受講チーム〕の内容でした。

初受講チーム
*○○を伝えて欲しかった
*勝手に○○と思っていた
*○○の解釈が違っていた
*○○だったので○○してしまい焦った
*勝手に○○して自分に○○してしまった。
*○○が○○してくれたことが良かった。

再受講チーム
☆前回のコツを活かせた
☆○○だったので安心できた
☆ゴールに向かっている感覚があった
☆○○の落ち着いた口調が安心できた
☆○○で完成していく感じがあった
☆事前に○○しておけば良かった

比較すると、初受講チームはネガティブな内容が多いことに対し、再受講チームはポジティブな内容が多かったのです。ここで読まれている方に注目して欲しいのは、ネガティブが【悪く】て、ポジティブが【良い】ということではなく【再受講チームにポジティブな内容が多かった】という点です。

再受講チームの受講生も以前は、初受講生でした。その再受講チームの受講生も講座を重ねていく度に変わっていったのではないかと思います。その【変化】に注目してほしいのです。


■熱意が伝わってきた休憩時間

しかも、実は2回目の体験ワークは1回目よりも難易度が高いので、1回目より制限時間を延長して行われました。2回目の体験ワーク後は小休憩(10~15分)の時間だったのですが、その休憩よりも、「どうやったら時間内に成功できたのか??」という内容に熱中している姿は圧巻でした。
実は、私自身当講座であるSMTを初めて受けた時のことを話すと、受講する前は勘違いをしていました。
(数万円も払うんだから)SMT(セルフマネジメント・トレーニング)を受講し終わった日曜の晩には生まれ変わった自分になっているんだ!!
と、2日間で大きく変わる、変われる、とSMTに大きな期待をしていたのです。

初めてSMTを受講し終わった日曜の晩には、緑色の幼虫がアゲハ蝶になるように、みにくいアヒルの子が白鳥になったように、ドラゴンボールの孫悟空が超(スーパー)サイヤ人になったように、「変わるんだ」と思ってました。
いま思い返してみても、恥ずかしいのですが(^^ゞ

実際は受講した日曜の晩に「アゲハ蝶」にも「白鳥」にも「超サイヤ人」にも変わりませんでした。
初めてヘルスコーチ・ジャパンの講座を受けた時に考えていたことは「受講さえすれば変えてくれるんだ」とヘルスコーチ・ジャパンの体験ワークに対して思っていたように思えます。言語化してみると・・・

「自分を変えてくれるんだ」
「続けていれば自然に変われるんだ」
「とりあえず受講を続けていれば何かが変わるはず」

といった具合です。改めて言葉にすると当時の講座に取り組む姿勢は「受け身」だった。と今では痛感しています。

まるで魔法をかけて貰えるように思った2日間で大きく変われることはありませんでしたが、SMTは学んだことを日々繰り返すことで、「変われる方法」を教えてくれました。あの時講座を受けたことによって、「変わるきっかけ」を与えてくれました。

だからと言って、今が「とても変わった!」ということではないのですが、ヘルスコーチ・ジャパンの講座を再受講する度に「以前の自分よりは確実に前向きに、主体的になっている」と思っています。

だから、終わった体験ワークに、休憩も惜しまずに積極的に取り組む受講生に、とても嬉しい気持ちにさせて貰いました。

初受講生も再受講生も、どんどん再受講して変化し続けてください、私も皆さんと一緒にその変化を喜べるように再受講を続けたいと思います。

◇今回のあつーい受講生たち◇