6月9~10日 東京『 コーチング基礎講座 』報告

私自身の体調と、私事が重なり、報告が遅くなりまして申し訳ありません。
6/9,10に東京の総評会館改め連合会館で行われた『コーチング基礎』講座の報告をさせて頂きます。
口開けは渡辺コーチのウェルカムメッセージから始まりました。

渡辺さんの解説
その後HCJのMission、活動内容、プログラムの全体像、など受講者同士の自己紹介を挟んで、講座の到達目標まで渡辺さんらしい丁寧さで進めていきました。
特に、今回はビジネス分野、スポーツ分野、医療職など、受講者が多岐に渡っていることもあり、丁寧な進行は特に効果的に働いたように感じます。
そして、休憩の後は寺田コーチの進行で、4~5人のグループにアシスタントが加わって、コーチングについて伝える時間になり、一部のアシスタントが緊張する場面でもありました。コーチングを学んで何が良かったのか、何故ボランティアで休日を使ってアシスタントとして参加しているかなどの質問も含めながらのディスカッションの後で、寺田さんからコーチングについてのレクチャーがありました。何度も聞いていますが、“コーチ”の語源から「コーチングには構造がある」に至る解説は、大変解りやすく安心感があります。
そして、いよいよ「コーチングの構造」=『コーチング・サイクル』の中で使われる“コーチング・スキル”について、扱っていきました。

ここからは、今回の特徴的な写真を載せていきます。

渡辺さんの昼食後のリフレッシュワークその1(一日目)
視野を広げるワーク
さあ、これは何をやっているところでしょう。
答えは、視野を広げて脳に刺激を与えるワークをしているところ。頭を前方向けて固定し、親指を身体の中心から遠ざけながら、親指を目だけで追い続けるというものです。再受講者のTさんが頭ごと動かしていたのが、この写真で解ってしまいましたが…

渡辺さんの昼食後のリフレッシュワークその2(二日目)
脳に刺激を与える_その2こちらは、耳たぶに刺激を与える事で、脳に刺激を与えています。耳には多くの経絡もあるらしいので、その意味でも効果的だったかも。昼食後は眠くなりがちなので、講師は毎回いろいろ工夫していらっしゃいます。

質問の効果
これは、答えがYes / Noだけで可能なクローズ質問と、それ以外のオープン質問についての効果を受講者の皆さんからあげて頂いたもの。受講者の意識の高さがこれを見ても感じられます。

そして、最後は集合写真。
集合写真
今週末のセルフマネジメント/トレーニングでもお目にかかれる方が沢山いらっしゃるようで、今からとても楽しみです。