初受講よりも再受講が楽しい!!ヘルスコーチジャパンの講座

2012/06/02-03に福岡で行われた講座、「コーチング基礎」
受講生として参加してきました。

この「コーチング基礎」は、名前の通りこれからコーチングを学んでいく上で
「基礎」となる内容を2日間かけて、じっくり学べる講座です。

今回も待鳥良邦コーチ石橋全コーチWファシリテーションによって
講座は進行、アシスタントとして複数のコーチ陣が参加します。


◆長いキャリアに基づいた豊富な事例が解りやすい〔待鳥コーチ〕



















◆機転が利くファシリテーションと地元の方言が特徴的〔石橋コーチ〕



















◆華やかな個性溢れる〔アシスタントコーチ陣〕















まず講師の自己紹介⇒アシスタントの自己紹介⇒受講生同士の自己紹介・・・
と参加している全員がお互いを知ることから講座は始まります。
今回は県外から参加する受講生、さらに初めて御顔を拝見する受講生がいつもに増して多く感じました。




最初のワークは、2名ひと組がお互いに「今回の参加目的」を言葉にして話す(言語化する)ワークです。

この後、参加者全員で円形になり、一人ずつ自分の参加目的を
発表していくのですが、その途中でドキッ!?とすることがありました。

講師・アシスタントを含めた参加者の参加目的に
『初心に帰って・・・』という言葉を使う方が
受講生・アシスタント・講師と何人もいたのです。



■生兵法ってこういうこと!?■

この『初心に帰って・・・』という話を聞きながら、初めて今講座を受講した時のことを
思い出していました。
今講座を受ける前に、ヘルスコーチジャパン以外の、別の団体で
何度かコーチングセミナーに参加したことがあった私。

「コーチング基礎」という講座名を見て、
『基礎(きそ)!? 基礎なんて知ってるよ、
何度もセミナーで習ったから!!!』
と、思っていました。

いま思うと、コーチングに関する書籍を読んだり、何度かセミナーを受講しただけで、
コーチングのことを知っているつもりになっていました。
別団体が主催する勉強会に参加したり、コーチング講座(3ヵ月全6回、毎回内容は異なる)を
何度も受講していたので、それなりに知識はあるつもりだったのです。


そんな私はヘルスコーチジャパンの「コーチング基礎」の受講中、初日の途中で
『あれ? あれれ?? あれれれ???
今まで、勉強したことは何だったんだ。!?』

と分かっていたつもりだったことに”ガーン!!”とマンガだったら
擬態語の文字が出てくるほどに衝撃的だったことを覚えてます。

思い返すと、セミナー毎に講師の方も扱う内容も、部分部分を細切れのように習っていたので
一部分を覚えては忘れる、また一部分を覚えては忘れる、の繰り返しになっていたんだと思います。


そんな状態で、初回の「コーチング基礎」を受講しました。
その時の講師が、とても格好よく見えたことを今でも覚えています(笑)

2日間という時間で、【集中して基礎を勉強できる】という環境が
理解を進めた大きな要因なのかもしれません。



■新しい自分に出会える”再”受講■

今回は3回目の受講です、”再再”受講になるので前回の講座内容を思い出しながらワークを行い、
前回の気持ちや、感想と比べながら自分自身の変化の発見を楽しんでいます。

同じ内容のことを学んでいるはずなのに受講する度に、新しい発見があります。
講座の骨子は同じですが、講師が、再受講生向けに実習ワークのテーマに変化を加えてくれます。

その為でしょうか!?他者から見えている自分と自分で思っている自分違いを
教えてもらうことで体験したり、実習ワーク中に、前回は気付かなかった自分自身の
変化に気付いたり、と毎回新しい自分に出会えます。

再受講で回数を重ねるごとに、新しい自分に出会い続けていけば、いつか大きな目的である
〔人材育成のプロ〕になれると信じています。


最近講座に参加していない、という方には再受講をおススメします。
きっと新しい自分に出会えますよ!!

6月17日-18日 セルフマネジメント・トレーニング(福岡)
6月30日-7月1日 コーチング基礎(福岡)