京都の町家カフェで多様性を楽しみました

4月14日、
公開講座の説明会ならびに
受講生アフターフォローの勉強会を開催しました。

 

場所は京都情緒のたっぷりの町家カフェの2階です。

 

説明会には、
元大学教授、彫刻家、会社経営者、管理栄養士という
さまざまなバックグラウンドの方が来てくださいました。

 

来て下さった理由もさまざまだろう、と
「どんなことを知りたいか」を参加者におだずねし、
それに答えていきました。

 

 

その後の勉強会でも、やはり
学びたいポイントは、人によってさまざまだろうと、
参加者からテーマを出してもらいました。

 

グループ学習では
参加者の視点がそのまま複数の視点となり、
学びに深みと厚みがでます。

 

「貴重なフィードバックを頂けてうれしい」
「他の方の例も勉強になる」など、
1対1コーチングとは異なった面白さです。

 

説明会に参加の方達には、
勉強会の様子を見学して、
ヘルスコーチ・ジャパンの雰囲気を
味わっていただきました。

 

その後は恒例の懇親会。
説明会の参加者も、
ときには、町家カフェのオーナーも加わっての
ざっくばらんな楽しいひとときでした。

 

ヘルスコーチ・ジャパンのコーチング学習の実際を
多くの人に見ていただけて良かったな、と感じています。

 

 

ちなみに今回、担当したコーチは
大川郁子と高橋美佐で、
2人に共通の強みに「個別化」があります。

 

参加者の多様性に徹底的に対応した、
「個別化」な一日
、だったとも言えるかも、です。

 

ファシリテーションには個性が出ます。
他の関西メンバーによる勉強会ファシリの立候補を
楽しみに待っています。

 

次回の関西の勉強会は
8月18日(土)です!