糖尿病コーチング

相手を知るには、まず自分を知ることから~糖尿病コーチング関係性編

こんにちは。大阪メンバーの糸藤美加です。前回に引き続き糖尿病コーチングのブログ記事を担当します。よろしくお願いします。

7月16~17日、祇園祭りで賑わう京都で「糖尿病コーチング講座、関係性編」が開催されました。会場はいつもの、アークレイ研究所をお借りしました。

p1

糖尿病療養指導に関わる方々を対象にした、講座です。関係性編では「患者さんの本音を引き出すコミュニケーションができる」がテーマです。

今回、講座を運営するのは、森岡浩平さん(アドバイザー、医師)、大石まり子さん(アドバイザー、医師)伊藤三恵さん(プロコーチ、糖尿病患者)、高橋美佐さん(プロコーチ)、最上輝未子さん(プロコーチ)です。

p2

そして、今回から私を含むアシスタント5人娘が加わりました。河野美保さん、松岡幸代さん、山下佳代子さん、濱本博美さん、そして私、糸藤です。

p3

参加者は満員御礼になり、キャンセル待ちがあり、人気の講座になりました。医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、1型患者、MR、など多岐にわたり、今回も医師の参加者が増えたことが印象的でした。

初受講者が多く、初めは緊張した面持ちもありましたが、自己紹介のワークで外の暑さに負けないくらいの熱気がありました。

糖尿病コーチングの紹介後、通常のコーチングの違いについてレクチャーがありました。

通常のコーチングは「情報提供」はしますが、「教える」ことはしません。ところが、糖尿病療養の行動には、知識が必要です。そういうわけで、糖尿病コーチングは「教える(テイーチング)」と組み合わせて使うコーチングということになります。

ここで、恒例の本物の医師と患者さんとのデモコーチングです。打ち合わせなしの、リアルな診察室コーチングです。

p4

患者さんの理解を深めるためには、相手の多様性に合わせることも大切です。そこで、他人とのコミュニケーションの取り方の傾向・クセ・好みを理解するグループワークです。

p5

まずは、自分を知ることから始めます。自分のコミュニケーションスタイルが何なのか、真剣な中にも笑いあり、です。タイプの違いでこんなにも反応が違うのかと、驚く場面あり、自分には「普通」と思われたことが、そうではないことを実感された参加者も。

また、患者さんに本音を語ってもらうには、信頼関係の構築が不可欠です。信頼関係の構築に役立つ傾聴や承認も、相手に合わせたものを心がけることを学びました。

1日目、終了。裏講座と言われている懇親会です。大盛り上がりです。話が終わることがなく、楽しい時間を過ごしました。

p6

2日目、昨日の振り返りでは、疑問点や質問がたくさん出され、共有することで学びを深めることができました。

どうして、患者さんは本音を語らないのでしょう?

患者さんの心理に影響しているのに、役立つ概念として「枠組み」「外の顔」の理解が必要です。無意識で持っている、考え方・捉え方・ものを見る視点など、内側のコミュニケーションについても考えます。

「~べきである」「~ねばならない」「~はずである」「普通~」というフレーズで表現されるもの、さらに、「他人からどう見られたいか」「見せたくないか」といった姿や「無理をして見せている」姿についてのワークです。.

ここで、医師の森岡さんからの「枠組み」、「外の顔」の自己開示をしていただきました。

p7

さらに、アシスタントの山下さんと高橋コーチとのデモコーチングを通して「枠組み」「外の顔」を扱っていただきました。お二人からの自己開示で学びが深まりました。

p8

相手を知るには、まず自分から。これが、患者さんとの関係性を考える上での基本だと、改めて認識できました。

p9

次回の糖尿病コーチング、スキル編は来年1月7日、8日に開催を予定しています。
ご参加、お待ちしております!

p10

*************************************
糸藤さん
今回は糸藤美加さんの報告でした!
糸藤さんのfacebookはこちらです!!

意外性と熱気の糖尿病コーチング スキル編@京都

こんにちは。大阪メンバーの糸藤美加です。初めてのブログ記事です。 よろしくお願いします。 1月8日~9日に京都で「糖尿病コーチング講座、スキル編」が開催されました。会場は恒例になっています、アークレイ研究所をお借りしました。 糖尿病療養指導 […]

どうすれば、本音を話してくれるの?~糖尿病コーチング関係性編

こんにちは。大阪メンバーの高橋美佐です。 7月17~18日、祇園祭でにぎわう京都で、「糖尿病コーチング、関係性編」が開催されました。今回も、アークレイ研究所の会場をお借りしました。 ヘルスコーチジャパン(以下HCJ)では、糖尿病療養指導に関 […]

患者さんのホントの気持ち聴けていますか?~糖尿病コーチング講座・スキル編を開催しました~

1月10日・11日に、京都にて「糖尿病コーチング講座・スキル編」が開催されました。 今回も医師・看護師さんを中心に、患者当事者の方も含めて総勢21名の方に参加していただきました。 糖尿病療養指導における医療従事者の悩みに、“頭では治療の重要 […]

2015年「糖尿病コーチング講座」スタート

1月最初の連休 「糖尿病コーチング講座Step2」 ~やる気を引き出す会話を学ぶ~ を開催しました。 今回も京都のアークレイ研究所の 擁翠園(ようすいえん)をお借りしました。 糖尿病コーチング講座の最大の特徴 ヘルスコーチ・ジャパンの「糖尿 […]