コーチング

【コーチングスキル】伝わりやすくするためにプロコーチが使っていてチームビルディングにも役立つ超簡単なちょっとしたコツ

 

「伝えたいこと」をしっかりと相手に「伝える」って、案外難しいモノ。

そんなときは「あること」をすると、「あるもの」が開き、それをしないときと比べて、ぐんと伝わりやすくなります。

今日は、プロコーチが使っている「伝わりやすくするための超簡単なちょっとしたコツ」をご紹介します。

もちろん、チームビルディングを初めとした、いろんな場面で使えます。

伝わりやすくする方法

ひとことで「伝える」と言っても、コピーライター・チームリーダー・コーチなど、立場や目的によって意味合いが違ってくる

「上手に伝えるテクニック」はいろいろありますが、

誰にどんな目的で、どんな手段を使って伝えるか

によって、まったく違うモノになります。

 

売るための伝える技術

コピ−ライティング

まずは「コピーライターの視点」で使う、販売セールススキルとしての「伝えるテクニック」からご紹介しますね。

このときに重要になるのは、

1,見込み客の興味をつかみ

2,相手が抱える問題の解決策を示し

3,その商品を「欲しい」と思ってもらい

4,確実に商品を買ってもらうこと

最終ゴールは、「セールス」なので、

商品の価値や、それを購入したときに起こる未来イメージを、一瞬でインパクトを持って伝えることがポイントとなります。

 

企画提案を通すための「伝える技術」はプレゼン力

プレゼンテーション

仕事においては、自分の企画や提案を、相手に上手に伝え、それが採用されるための「伝える技術」も重要です。

このときに必要となるのは、

人を惹きつける話し方

論理的にわかりやすく納得できる伝え方

となり、このとき必要となるのはプレゼンテーション力です。

 

言いにくいことを伝える方法は「アサーション」

けんか

これに対し、

言いにくいこと、言おうとすると感情的になってしまうといった、心理的抵抗感が強いことがらを上手に伝える方法は

アサーション・アサーティブネス

と言われるコミュニケーションスキルで、

 

このときの目的は

相手とより良い関係性を作ること

になります。

 

チームリーダーがチームビルディングするときに必要な「伝える」は何だろう?

それでは、チームリーダーがチームを活性化するためには、どんな「伝えるスキル」が必要でしょうか?

まずは、チームリーダーが何かを伝える時の「目的」について整理してみました。

 

チームリーダーが「伝える目的」は

チーム全員が同じ絵を見て、”同じ方向を見る”=”ベクトルを揃える”こと

であり、

思い(ビジョン・ミッション)を共有し、一体感を作ること

です。

チーム

最終ゴールは

チームメンバー全員が一丸となって目的達成に向かって動く・行動すること

 

つまり・・・

伝えた結果として行動が起こり「目標達成」しなければ、意味がないのです。

 

なので、何よりも大事になってくるのは、

こちらの言うことに耳を傾けてもらうこと

に他なりません。

聞く

 「伝える」前の環境設定が大事

つまり、チームリーダーがチームメンバーに「上手に伝えたい」と思ったら、

「伝え方」も大事ですが、

「伝える前の環境設定」のほうがもっと大事

ということなのです。

 

想像してみてください。

嫌いな上司から言われることと、好きな上司から言われること・・・あなたはどちらの言うことをやりたいですか?

もちろん仕事ですから、イヤイヤでもやるでしょうが、イヤイヤやるのと、自ら進んでやるのでは、生産性も成果も違ってくるでしょう。

チームリーダーが「伝える」ときの最終ゴールは、「目標達成」ですから、常に相手が「行動しやすい」「行動したくなる」コミュニケーションが求められるということなのです。

 

「伝える」ための環境をつくる

当然ですが、常日頃から、相手との間に信頼関係ができていると、あなたのメッセージは伝わりやすくなります。

相手が好むコミュニケーションスタイルに合わせた伝え方をすると、さらに伝わりやすくなります。

 

短時間で信頼関係を作る方法

相手に合わせた伝え方-コミュニケーションスタイル

 

については、また別途解説するとして

取り急ぎ、たったひと言で、相手の聞く耳を開かせる方法があります。

それは

許可を取る

なんです。

OK

えっ・・・たったそれだけ???

と思われたかもしれませんが、

これがかなり、というか、

ものすごく効果的!

 

話しを聞いていて、あなたに役立ちそうな情報を思い出したんだけど、言ってもいいですか?

と言われて、果たして何人の人が「イヤです」「結構です」と言うでしょうか?

 

とりあえず、聞き耳がたつのではないでしょうか?

 

これに対して、いきなり話しの途中で、

それだったら、○○がいいんじゃないの?

と言われると、

 

この人、わたしの話しちっとも聞いてくれていない。

余計なお世話・・・

 

となるでしょう。

 

このように、「許可」をとることで、相手の聞き耳がたつこと

レセプターが開く

と言います。

 

許可をとって、相手のレセプター(受容体)を開くのは、ポットにお湯を入れる時に、ふたをあけることと似ています。

ふたを開けないままにお湯を入れても、お湯は入りませんよね。

まずは、相手の閉じた耳を開くことからスタートしてください。

ポット

ただし、注意点があります。

まずは、相手の話を充分に聴くこと

そして

多用しないこと!

 

基本人は、自分の話を聞いてもらいたいということを、お忘れなく!

 

まとめ

「伝わりやすい伝え方」は、誰に何を伝えるのか、目的は何かによって使うスキルが変わります。

チームリーダーがチームで成果をあげたい時には「伝え方」よりも「伝わりやすい環境づくり」のほうが重要です。

そのさい、まずはこちらに意識を向けてもらい、聞く耳を開くために効果的な方法は、伝える前に「許可」を取ることです。

相手の聞く耳が開くことを「レセプターが開く」と言います。

 

チームビルディングに役立つチームリーダーに是非学んでもらいたい講座

今日ご紹介した方法を、実践練習をしながら、確実に身につける講座があります。

この講座を受講するとこんなことが手に入ります

  • チームメンバーのやる気と行動を引き出す具体的な関わり方が身につく
  • 1対1でやる方法と、グループでやる方法の両方のやり方が手に入る
  • チーム活性化のコツが手に入る
  • 同じような悩みを持つ全国のチームリーダーたちと交流できる

3年間の再受講フリーパスがつくので、完全に身につき習慣化するまで、期間を気にせず安心して学べます。

次回スタートは2月から・・・

東京・大阪・福岡の3会場があり、どこの会場で受講してもOKです。

あなたのスケジュールに是非組み込んでくださいね。

認定プロコーチ資格取得コース

 

【コーチングスキル】相手との会話に違和感を感じた時の対処法

  会話をしていて、違和感を感じる時ってありませんか? やりたいって言ってるけど、やりたくなさそうな感じが伝わってくる 「いいよ」と言ってるけど、ほんとはイヤなんじゃないのかなぁ??? といった時です。 コーチはこんなとき、メタコ […]

【コーチングの成果】レパートリーが増え多様性が身につく

  コーチングは本来、相手の目標達成を支援するコミュニケーションスキルですが、 コーチングを学ぶと、自分自身にもいろいろと良いことが起こります。 今日ご紹介するのは、その中のひとつです。 コーチングの前提 成果が出るコーチングとな […]

【一貫性の法則】言った手前やらざるを得なくなるのには理由があった!

  言った手前やらざるを得なくなることってありませんか? ここには、「一貫性の法則」が働いています。 一貫性の法則とは? 「一貫性の法則」とは、 自分が既にしたことと一貫していたい、一貫していると人から思われたいという、ほとんど自 […]

【目標設定のコツ】未来イメージが描けない時に使うプロコーチのテクニック

  コーチングは未来型コミュニケーションです。 会話は、基本、未来に向かって交わされます。 ところが、未来が思うように描けない人がいます。 原因はいろいろあるのですが、このような場合、どうすれば良いのでしょうか? 今日は、「未来イ […]