普通のサラリーマンですが、ヘルスコーチングは必要でしょうか?

はい、たいへん重要です。
名前が「ヘルスコーチング」となっていますが、内容は、当事者意識を高め「やる気」と「行動」を引き出すコーチングを学ぶ講座です

通常のコーチング講座では、傾聴や引き出すトレーニング中心なので、職場で必要とされる「情報提供」や「フィードバック」を伝えるタイミングをしっかりと学びません。

このことが、現場に混乱を招き「コーチングは使えない」という誤った印象を与えてしまっているようです。

そこで、ヘルスコーチ・ジャパンのプログラムでは、Step1で基本のコーチングスキルを学び、Step2のヘルスコーチング(当事者意識を高めるコーチング)で、相手の気づきを支援する「コーチとしての伝え方」を学びます。

このプログラムは、大変好評で、多くの管理職やビジネスマン、自分の専門知識やスキルを伝えるお仕事をなさっている方(保健師・看護師・医師・コメディカルなどの医療職、アスレチックトレーナー・整体・エステなどの健康産業の方、税理士・コンサルタント・研修講師・学校の先生・塾の講師など)が受講なさって成果を上げられています。