【傾聴】相手の話を聞けない理由

 

わたしたちは相手の話を「きいている」ようで案外と「きいていない」ものです。

なぜそんなことが起こるのか、わたしたちが無意識でやっていることをまとめてみました。

聴く

話しを「きく」時に起こっていること

相手の話を「きく」時、2つのことが起こっています。

ひとつは、

自分の記憶と照らしあわせながらきく

ということ

 

そしてもうひとつは

自分がききたいことだけをきく

ということです。

 

例えば、誰かと話していて、相手が、あなたが知らない「言葉」を使ったら、あなたの中で何が起こりますか?

えっ、それってどういう意味?何のこと?

と思って、記憶の中にある情報を探しにいきませんか?

 

ところが、相手が使った言葉をあなたが知っている場合、あなたは、あなたが知っている「言葉」の意味とイメージを、瞬間的に思い浮かべてしまいます。

これが問題なのです。

 

たとえば「イケメン」と聞いて、あなたは誰を思い浮かべますか?

 

恐らく、人それぞれですよね。

そうなんです。

あなたがイメージするイケメンと、相手がイメージしているイケメンは、必ずしも一致しないのです。

 

ところがあなたは、あなたが「イケメン」という言葉のフォルダに入れた人(イケメンだと思う人)を、瞬間的にイメージしてしまいます。

 

同じように、相手が何かの体験を話しているとき、わたしたちは、自分が体験したコトの中から、似た体験を引っ張り出して、それをイメージします。

それはあくまで「あなた」の体験であって、「話し手=相手」の体験ではないはずなのに

その体験を「どう捉えて」「どう感じたのか」についてまで、

あなたは自分の感覚を呼び起こし、

相手もきっとそうだったんじゃないかな?と自動的に思ってしまうのです。

 

わたしたちの意識は自分中心で回っている

このように、わたしたちの意識は、よほど注意しておかないと、「自分中心」で回っています。

視点が「わたし」にあるということです。

 

人はみな違う

ということを頭で知っていても、実際には自動的に「わたし」の視点で見てしまっているのです。

 

”相手と同じ絵を見る”ことが大事

このように、わたしたちの視点は、ついつい「わたし」になりがちです。

「わたし」視点にいる限り、相手の話は聴けていません。

なぜなら、「わたし」と「相手」は、ひとつひとつの言葉に違った意味づけをしていて、

もし似たような体験をしていたとしても、その体験をどう捉え、どう感じたのかは、「人それぞれ」だからです。

 

相手の話をしっかりと聴くには、自分の視点を脇におき、相手の視点になりきることが大事です、

 

ひとつのキャンバスに向かって、相手の頭の中にあるイメージを、そのキャンバスの上に描いているイメージです。

同じ絵を見る

相手と同じ絵を見る聴き方がもたらす効果

このような聴き方ができると、

相手は聞いてもらった感、わかってもらえた感が強くなるので、あなたに心を開きやすくなります

 

つまり・・・

 

部下はあなたを信頼し、あなたの言うことを素直に受け入れるようになります。

これと同じ事が、教師と生徒、親と子、夫婦・恋人の間でも起こります。

 

お客様の話しを深く聴くことができ、お客様のニーズに合わせた商品をオススメできるようになるので、お客様に喜ばれ、セールスがうまくいきます

 

顧客が何に悩み、何が課題で、それをどうしたいと思っているのかがわかるので、相手が満足いく課題解決の方法を提示でき、あなたのコンサルティング品質は上がります。

 

相手の話を深く聴けると、ビジネスでもプライベートでも、おおいに役にたつのです。

 

相手と同じ絵を見るには訓練が必要

わたしたちはついつい「わたし」の視点にいってしまうクセを持っています。

このクセは、自分ではなかなか気づかないモノ・・・

相手と同じ絵を自然と見れるようになるには、

繰り返しの訓練と、第三者からのフィードバックが必要です。

 

2月から「同じ絵を見る」トレーニングができる講座がスタートします。

東京・大阪・福岡で開講するので、是非この機会に身につけて、あなたのビジネスを、あなたのプライベートをさらにハッピーにしてくださいね。

BC-AとBCーBでワンセットの講座です。

BC集合2018

このブログを読んでくださっているあなたには、30%オフのクーポンを差し上げています。

詳しい情報は、下記からご覧下さい。

コーチング基礎講座